2012年10月11日

作業開始前の指導を



OEM生産を受注させて頂き中国にて生産する商品の全ては上海郊外にある当社指定の検品工場

で商品検査と加工作業を行います。

検品工場にて検査・加工を行う前に、本社にて検品や加工の手順書を作成し当社の上海スタッフ

が翻訳をして検品工場へ持って行き現場責任者と打合せします。

そして実際に作業を開始する前に、写真のように検品やパッケージ赤い頭巾の現場責任者が検品

作業スタッフ全員へ手順書を基に検品や加工を指導した後に作業を開始するのです。

中国の日系検品工場へ任せるだけではなく、自社にて検品・パッケージ加工の管理している会社は

靴下生産に於いては当社が一番です。

特に今週は、日本の物流センターベテランスタッフも検品工場に8日間泊り込みで指導しています。

靴下・ストッキング・手袋等のOEM生産のお問い合わせはお気軽に株式会社三笠へ…

フリーダイヤル 0120-709240もしくは、1@kk-mikasa.co.jp までどうぞ。


という訳で、昨日は日本から来た物流センターのベテランスタッフと上海スタッフと共に上海郊外

の検品工場へ行き、新規OEM生産商品の検品・加工・箱入れ等の打合せに行きました。

日中友好の為に、検品工場へ日本から「白い恋人」のお土産を多めに持参し作業を頑張るようお願

いしました。


同じカテゴリー(上海)の記事
中国国際輸入博覧会
中国国際輸入博覧会(2018-11-09 10:38)

上海ITMA亚洲展览会へ
上海ITMA亚洲展览会へ(2018-10-18 18:44)

Posted by 上海 MIKASA at 11:32│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。