2011年08月17日

靴下のデザイン入力



写真は、当社のデザイナーさんが描いた靴下のイラストです。

これを奈良工場へメール添付で送り、機械の種類により奈良工場のPCにて機種と針数にあった

ソフトを使いデーターを変換してカセットテープに入力し下の写真の「デッキマン」を使い編機にインプット

するのです。

奈良工場の編機は日本製造の永田精機のK式144本コンピューター機なのですが、最新型の韓国・

中国製の機械に比べてバカでかい!しかも新型のUSB入力に対しいまどきデーターをカセットデッキで

入力する方法なのです。

でもでも、型は古いが味があり仕上がりはとても良いので御座います。



当社の奈良工場にこの機械が新たに11台入荷してこれで永田精機のK式16台になりました。

その他ジャガード機5台にリンクス機4台で全25台になり最新機を含め入荷待ちの機械があと5台

遅れましたが、11月頃には全て工場が完成する予定になりました。

当社の奈良工場の機械は、全て日本製でしかも中国の工場には無い機械です。



同じカテゴリー(横浜)の記事
中国で外国人Bランク
中国で外国人Bランク(2018-11-15 16:00)

Posted by 上海 MIKASA at 17:42│Comments(0)横浜
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。