2011年07月07日

中国の八百長防止策!

中国の八百長防止策!

「中国サッカー、審判報酬5倍に=八百長一掃へ待遇改善」こんな見出しのニュースが!

中国サッカー協会が、八百長防止策の一環として審判の報酬を大幅に引き上げる。トップリーグの主審の場合、
現行の1試合2000元(約2万5000円)から同1万元(約12万5000円)への5倍増で、中国の報道では日本
のJ1の主審報酬を上回る水準という。
中国サッカーの立て直しのため3年間で5億元(約62億円)の資金援助を約束した遼寧省の不動産開発大手・
万達集団が明らかにした。
中国では昨年、八百長に関わった容疑で協会幹部や審判が相次いで逮捕されており、同社は「高給で清潔さを保つ」
と報酬アップの理由を説明。
審判の待遇改善やレベルアップに毎年1000万元(約1億2500万円)を投じるとしている。

こんな対応策で良いのでしょうか?いかにも中国らしいニュースでした。

昨日は、日本から当社のお取引が一番長い会社のバイヤーさんが上海事務所にいらっしゃいました。

現在45年間以上取引き頂いて私も30年近く営業担当させて頂きました。

今回の中国出張目的は当社では無かったのですが、「上海に来て甘利さんの会社を素通りできないですよね。」

と言って頂け大変嬉しく感じました。





同じカテゴリー(上海)の記事
Posted by 上海 MIKASA at 10:17│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。