2011年06月30日

怖い中国の再生油!

怖い中国の再生油!

昨日は、上海へ移動して日本料理「植むら」にて誕生日を祝って頂きました。

以前ににも書きましたが、中国では地溝油と呼ばれる安い再生油が出廻っていてなかなか

無くなりません。

四川料理のような辛い料理に使うと全く分からないらしいので恐ろしいです。

中国の地方都市へ出張へ行くと中華料理を食べるのも楽しみなのですが、日本人の好きな

麻婆豆腐は特に危険なのです。(昨日の記事です。)

「いまだ根絶できぬ地溝油。「新華視点」の記者が約一カ月にわたり追跡調査を行ったところ、
驚くような事実が明らかになった。北京、河北、天津に広がる生産基地は、機械化された大規模
生産で、そこに整然と並べられた製品は間もなく「出荷」を待つばかりになっていたという。
地溝油の原料は生ごみから出た水、揚げ物をした後の廃油、そして動物死体から取り出した内臓
についた脂肪などだ。
記者が取材した天津のある「地溝油加工工場」では一日の生産能力は約30トン、高い技術と一流
の設備を誇るという。天津には同様の工場が数軒存在し一日20トン程度の生産能力があるという。
このような生産基地は河北省、そして北京にも広がる。
工場の職人によれば、濾過したあとの油は澄んでいて、さらに薬で混在物質を取り除くと、お茶より
もずっときれいな色に仕上がるという。これを「サラダ油」として出荷する。
記者がこの工場で手に入れた「地溝油」を国家食品安全監督検査所に送り成分検査を依頼したところ、
植物油や動物性油に求められる要件をすべて満たしていた。
専門家によれば検査により地溝油を摘発する有効な方法がまだないということだ。」

私も既に、この地溝油で調理された料理を何度も食べていると思うとゾッとします。

しかし!

こんな事を気にしていては、中国で生活出来ないと自分に言い聞かせ中華料理も美味しく頂いているので、

私は食中毒に対しての免疫が出来ていると思います。
 


同じカテゴリー(上海)の記事
Posted by 上海 MIKASA at 08:01│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。