2011年04月26日

日本企業不利な裁判



中国における裁判実務(労働裁判)はどのようなものでしょうか。日本企業(日系企業)に不利な判決が

下されやすいのでしょうか?という我々中国へ進出している企業にとって気になる質問に対しての回答

が載っていました。

日系企業に対しての労働裁判を傍聴した感想らしいのですが、法律論争というよりも、裁判官は、

日系企業が悪いに決まっていると考える感覚の問題となっていたらしく、原告が中国人労働者であり、

被告が日系企業であれば、法律は超越(別の言い方をすれば無視)して、裁判官が中国人労働者に

有利な和解案を提示してくる事案が多くあることです。(中国では、それは社会保険なり国家が責任を

負うべき問題のはず、と思うことを日系企業側に資金負担を要請(転換)してくるみたいです。

これでは理由はどうであれ中国に於いて労働裁判になれば法律に関係なく絶対に不利という事に

まりますね。怖ーい!


昨日は、工事中の奈良工場へやって来ました。

やはり予定より少し遅れ気味!それでも80%は完了して工場らしくなっているので、施工業者の方と

今日打ち合わせしたところGW前には引き渡し完了する事になりました。

いよいよ念願の三笠奈良工場が始動します!


同じカテゴリー(奈良)の記事
SPF-Wフル稼働!
SPF-Wフル稼働!(2018-09-21 20:10)

Posted by 上海 MIKASA at 03:59│Comments(0)奈良
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。