2011年04月16日

中華料理の方が怖い!

中華料理の方が怖い!

風評により中国人の日本料理離れが問題になっているのですが、中華料理の方がよっぽど怖い!

以前から問題になっているのですが、工業用再生油を料理店で食用に使用しているというのです。

昨日のニュースでも、地沟油は通常の食用油の三分の一程度の価格で販売されていて国家食品薬品

監督局が厳格に禁止する旨の通達を出すほど事態は深刻なのに、需要が高く儲かるので闇業者が後を

絶たないという記事でした。

この油の製造方法は、料理店から集めた汚水を大鍋に入れ加熱する。途中である化学薬品を投入すると

鍋の中は油分と汚物の二層に分かれる。上澄みの油だけくみ出せば地沟油の出来上がりという物で、

味が濃くて辛い四川や湖南料理に使用しても殆んど分からないらしいのです。

その他にも、最近のニュースで中国の有名ブランドの高級白酒の瓶の中身を入替えたニセ物も問題になって

いるのに日本のお酒は危険だとか言っている。

数年前には、有名なミネラルウォーターが天然水では無く水道水を使っていたという事も!

自国で生産した野菜に高濃度の農薬を使っている物が販売されている事も中国人は皆知っているのに

日本の野菜は危険なので輸入禁止なんて理解出来ません。

今回上海に来る前に、日本のテレビで上海の日本料理店の風評被害で大変だという特集を見て気になって

いたのですが、日本から輸入している一部の食材が輸入制限で食べられなくなっている程度で、それほどお客

さんは減っていない気がしました。


同じカテゴリー(上海)の記事
日中友好パーティ!
日中友好パーティ!(2019-03-06 18:59)

Posted by 上海 MIKASA at 03:09│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。