2011年03月06日

交易会今年の感想



出展していた今年の上海華東交易会での私の感想です。

中国製品の高騰で、欧米企業来場者がかなり減ったように感じ会場内は日本・台湾・韓国・香港

のあまり見分けの付かない東洋人ばかりで特に日本女性に来場者が目立っていました。

全体的に来場者が少なく、東京ギフトショーのような華やかさを感じられませんでした。

当社ブースにお越し頂きご商談して頂いた企業も、昨年は欧米企業も数件ありましたが、今回は

日本・韓国・台湾・香港企業の方だけ!欧米企業の中国離れが進んでいるのかな?

今日の写真は、上海で同じ時期の3月1日~3日に行われていた靴下企業展示会入口の写真です。

私もお客様をお連れして今年も何度か行きましたが、こちらは中国国内販売を目的とした出展が多く

当社の同業日本企業も数件ありました。

こちらの靴下展示会は、中国企業の出展企業が以前よりかなり減ったのに対して、日系の新規出店

が目立っていました。

どちらの展示会会場にも日本人が多く、やはり価格が高騰したとはいえデリバリーや検品工場等の

品質管理等の関係で中国との関係は大切にして行かなくてはと考えている日系企業が多いのだと

感じながら昨日で5日間の上海華東交易会は無事に終了しました。


同じカテゴリー(上海)の記事
中国国際輸入博覧会
中国国際輸入博覧会(2018-11-09 10:38)

上海ITMA亚洲展览会へ
上海ITMA亚洲展览会へ(2018-10-18 18:44)

Posted by 上海 MIKASA at 09:51│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。