2010年10月21日

やっぱり上海では!

やっぱり上海では!

先日もブログに書きましたが、日本と中国の各地で騒がれているような反日デモとか反日感情という

認識は、上海市民というか上海では知らない人も多いみたいです。

↓↓記事を見つけました。↓↓

日本では連日のように報道されている中国の反日デモ。一部では暴徒化しており、今後ますます悪化すると
報じられている。
だが実は、中国国内では地域によって温度差が激しいというのもまた事実。中でも今回の反日の流れを冷静に
見ているのは、経済都市・上海の市民たちだ。
八百屋のおばちゃんや雑貨屋のオッチャンに「成都で反日デモがあったの知ってます?」と聞いてみても、
押しなべて「知らん」の一言。
上海では2005年に大きな反日デモがあったのだが、その記憶もすっかり薄れているようだ。
上海在住の報道関係者いわく「上海では、反日デモが起きないように政府がネット掲示板や報道内容を制御して
いるようなんです」と語る。
日系企業が集中する上海で反日デモが起きれば、中国にとっても経済的な打撃を被りかねないからである。
とある病院内の雑貨屋の店主は「日中関係は、首相が小泉のころから悪くなったね。北京から広州まで新幹線を
作る計画あったけど、あれだって本当は日本の技術を使う予定だったんだ。ところが日中関係が悪くなったから
その計画もボツになった。日本は中国に嫌われたら仕事なくなっちゃうぞ!」と冗談交じりに笑う。
政府間がギクシャクしても、上海市民の中には心優しい人も。マッサージ店の女性店長に「最近の日中関係
どうでしょう?」と聞いてみると、「あんまり良くないよね。どうしたらいいのかな?」と苦笑い。「私にも分かりません」
と記者が答えると、「でも、私たちの関係は悪くないよね。仲良くしようね」と返してきた。
かたや「日本憎し」で大暴れしているというのに、もう一方では「仲良くしよう」というのだから、不思議なもの。
だがこれもまた、事実である。

やっぱり上海では報道を規制しているみたいですね。

昨晩もCCTV(中国中央電視台)のニュースを何度かチェックしましたが、それらしい報道は一切無し!

マスコミの報道次第で反日感情もコントロール出来るのですね。


もう一つ反日デモ関係のニュースで面白い記事が!

10月16日中国内陸部の都市・成都で起こった反日デモの大義名分は、あくまで「領土問題の抗議」であったはず。
しかし一部のデモの参加者が、どさくさ紛れに一般人の女性の服を脱がすという、許されざる行為に及んでいたことが
判明した。
現地メディアの報道によると、成都でデモが起こった10月16日午後、ファストフード店で友達と一緒にランチを取っていた
女性に向かい、突如、反日学生たちが押し寄せてきた。ランチ中の女性たちは中国の伝統衣装「漢服」を身に着けており、
それを日本の和服(きもの)と学生たちは見間違えたらしい。
近づけばそれが和服でないことは誰の目にも明らか。にも関わらず、引っ込みがつかなくなったのか、これ幸いと思ったか、
学生たちは女性の服を脱がし、最後はTシャツ一枚にしてしまったという。女性は「トイレに逃げ込んだ」とあるので、下着も
強引にはぎ取ったのだろう。
最終的に彼女は、心優しい通行人にズボンをもらって無事家に帰ったというが、学生たちは「反日」の名を借りて、やりたい
放題やっているもよう。「反日活動は欲求不満のはけ口」とも言われているが……。まさに暴徒といったところだ。

デモは暴れずに意見だけ主張しましょう!

今日は、開港初日の新羽田国際線ターミナルへ帰国するので、新しい物が好きな私は、到着したら色々見学したいと

思っています。





同じカテゴリー(上海)の記事
Posted by 上海 MIKASA at 00:50│Comments(2)上海
この記事へのコメント
2005年の反日デモ真っ盛りの頃、ちょうど上海にいました。聞くと見るとでは大違い(良くも悪くも、、、)。
そのときからニュースを鵜呑みにしないよう気をつけてます。
Posted by 株式会社ブラスト株式会社ブラスト at 2010年10月21日 14:38
私も2005年のデモの時に行きました。
遵义路×仙霞路の交差点にあった順子(日本料理店)の看板が良くニュース
で流れていましたね。

その後、中国が賠償するまで領事館のガラスは2年位割れたまま放置して
いましたよね。
でも、SARSの時は大手企業は出張禁止と駐在員にも帰国させた企業もあたのに
私は平気で上海にいたので、帰国時に皆に避けられました。(笑)
Posted by 上海 MIKASA上海 MIKASA at 2010年10月21日 20:24
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。