2010年09月02日

深刻な工員不足!

深刻な工員不足!

昨日は、日本の関西大手バイヤーさんのアテンドで、無錫と嘉興の工場3軒に

一緒に見学と商談に行きました。

訪問すると各工場は原料高騰・労働賃金高騰・電力不足等々の問題点を訴えますが、

バイヤーさんが、その数ある問題の中で一番の問題点を質問すると、帰ってくる返答は

全て労働者不足でした。

中国では3年位前から工場の工員さん不足が始まり最近は大変深刻な状況です。

日本と同様で高学歴者は就職難ですが、中国経済を支える工場の仕事(特に3K)

は地方出身の若者でも拒否するようになってしまいある程度の給与を提示しても

集まらないようです。

写真は5年前の当社下請け工場ですが、靴下のつま先部分の編み目を一目づつ針に

差し込んで縫い合わせる工程です。

目が疲れる大変な仕事でこの現場も現在深刻な労働者不足です。

以前地方出身者には情報が少ない中国でしたが、ネットと携帯の普及により地方出身

の若者にも自由な情報が多く入るようになり、条件の悪い仕事はしなくなってしまいました。

更に中国政府は、収入倍増計画なる方針を出していて、5年間で収入を2倍にするらしい

のです。

日本の繊維製品生産の殆どが中国生産なのにどうなってしまうのでしょうか?

世界の工場中国が抱える大問題ですね。


同じカテゴリー(中国国内出張)の記事
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。