2010年07月29日

上海変面四川料理店

上海変面四川料理店

午前中に日本本社社員と一緒に上海三越のセールを見学に行き、午後から上海事務所で

工場の社長を呼んで納期の打ち合わせをした後に、日本からのお客様と合流し8人で

四川変面が見られるレストランでの夕食でした。(このブログで2回目の紹介)

中華料理はやはり円卓を囲んで大人数でワイワイ食べるのが良いですね。

辛くて舌が痺れる四川料理を食べながら、写真の変面ショーを楽しみました。

ところで、日本のニュースではあまり大きく報道されていませんが、16日大連の

石油パイプラインの爆発事故は、メキシコ湾のBPの石油事故のように海洋汚染が

深刻らしく中国では毎日大きく報道されています。損害額も大きく海鮮料理で有名な

大連市にとっては大打撃になるのでは?石油の供給も懸念されています。

パイプラインは復旧したらしいのですが、漏れた大量の石油の処理が急がれます。

昨日のニュースでは、先日行ったばかりの南京市で液化ガス工場の爆発事故!

「28日午前10時15分ころ、南京市栖霞区万寿百家の液化ガス工場で爆発があり、
同日午後6時までにわかっているだけで死者12人、重傷者15人となっている。
負傷者は100人以上となっているが、負傷者300人で重傷者53人という情報もある。
現場は混乱し、付近の病院はすべて事故の負傷者であふれかえっているという。
救急車が足りず、タクシーの運転手たちが自発的に負傷者を病院に運んだ。
負傷者は爆発後の火災により火傷を負った人がほとんどで、現在南京市ではA型とO型の
血液が足りなくなっている。
爆発の威力はすさまじく事故があった現場から半径200メートル以内の建物と付近に
停めてあった6,7台の大型バスの窓ガラスがすべて割れ落ちた。爆発の瞬間は南京市内
のほとんどの地域で地震のような揺れを感じたという。
事故原因は南京塑料四工場の取り壊し現場で作業員が誤って地下のガス管を壊してしまい
漏れた可燃性ガスが引火して爆発したものとみられている。






同じカテゴリー(上海)の記事
Posted by 上海 MIKASA at 01:45│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。