2010年02月07日

上海発展の犠牲者!

上海発展の犠牲者!

上海三越春節バザール2日目で、商品補充の為に車で急遽検品工場に商品を取りに行き花園ホテルへ

納品に行きました。

マンションへも戻る道中で、中央分離帯の危険な場所に、5~6才の男の子が一人で座ってしました。

号待ちになると車の窓越しに頭を下げてお金を要求して来るのです。最近このような事は取締りが厳し

く随分減ったのですが、年末なので少し増えているようです。

今日の写真はネットで入手したのですが、こんな感じの子供がお金を下さいと車の窓を叩くとお金を

あげたくなりますが、心を鬼にして渡さないようにしないと、更なる犠牲者が出る事になります。

上海へ来れば、お金持ちが大勢いるのでお金を稼げると思い地方から出稼ぎに来る。

そして子供なら可哀想だと思ってお金をくれる人が多い!それを分かって親は子供を出汁にして子供

だけ一人で、寒空に危険な場所で一生懸命物乞いさせる。

発展している街上海の犠牲者は子供なのかも知れません。

Posted by 上海 MIKASA at 03:11│Comments(2)
この記事へのコメント
你好!我叫小島福子我住在兵庫県
初めまして、昨年8/6「中国の接客態度」のコメント以来毎日拝見していました、
昨年末、私も上海」で「母子連れ」の物乞いを見ました、
戦後(多分お生まれになって無いでしょうが、、、)日本でもこんな光景をアメリカ人が見たのではないでしょうか?
どこでも国が発展して行く時の事を思うと複雑な気持ちで胸が痛いです。
私事ですが中国で「日本式サービスマナーの研修ビジネス」を展開したいと
頑張っております。

                                           再見
Posted by 小島福子 at 2010年02月07日 19:51
小島さんコメント有難う御座います。
初めまして、甘利と申します。
確かに、日本でもこのような光景があったと思うのですが、現在の上海の乞食は、ビジネスとしてやっている事も多く、元締めは儲けている事も多いのです。
数人の子供を使い裏で大人が操って儲けている。
子供なら取締りが甘いし捕まらないので、子供だけでやらせている。
物が豊富で中国一豊かな街上海で、地方の貧しい子供が、教育を受けないで乞食をして働いているなんて、本当に胸が痛いです。

ところで、中国でのビジネス展開を是非成功させて下さいね。
私でお役に立てる事があれば、応援しますので連絡して下さい。
Posted by 株式会社三笠株式会社三笠 at 2010年02月08日 10:26
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。