2010年01月27日

上海人のマナー

昨日は、朝一番に日本スタッフをホテルに迎えに行き、上海郊外の検品工場とその近くにある5本指靴下

の生産工場を見学した後に、浦東空港へ行きました。

関西空港からのお客様をお迎えした後に、私と上海スタッフは、東京からのお客様と一緒に1泊2日で、

浙江省慈溪市に来ています。

今日の写真は、宿泊した慈溪新錦天大酒店(ツーシーシンジンティエンホテル)

万博を前に、上海人のマナー改善運動をしているのですが、なかなか習慣は変わらないようです。

先日、上海の下町へ見学に行くと、上海市の条例で禁止になった筈のパジャマ姿での外出でしたが、数名の

女性がパジャマ姿で歩いていました。

それから、私が日本ではじめて中国語を勉強した時に、女性に対して小姐(シャオジェ)と呼ばないように

と教えられたのですが、実際上海で生活していると、店員さんの女性や飛行機のCAにも小姐と普通に呼ん

でいるのには驚きました。

中国の東北地方(北京方面)では、小姐と呼ぶのは、水商売や娼婦に対して言うらしく嫌がられてしまう事

は、上海人も知っているのですが、習慣はなかなか変わらないみたいです。

ちなみに、私は飲食店員さんには、服務員(フーウーユェン)と呼ぶようにしています。

当社の上海スタッフも多少気にしているみたいで、先日女性店員さんに小姑娘(シャオグーニャン)と呼ん

でいましたが、小姐と大声で叫んでいる方が似合っている気がしました。

私も小姐という呼び方に慣れていたんだなと思いました。face01

上海人のマナー
Posted by 上海 MIKASA at 08:25│Comments(2)
この記事へのコメント
私も小姐と呼ぶなと教えられましたが、実際は皆そう呼んでますよね。現地の人曰く、語気や態度で違うのだそうで。
私?笑顔で優しく”小姐~(語尾やや上がり気味)”と呼んでいます。
Posted by 株式会社ブラスト at 2010年01月27日 18:24
上海と浙江省では、日本人が小姐と呼ぶのはまだまだ全然OK!です。全く気にしないで下さい。
飲食店ならその方が呼び易いと思います。
ただ女性は、出来れば使わない方が無難ですね。
Posted by 株式会社三笠株式会社三笠 at 2010年01月28日 02:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。