2009年12月09日

嗜好品は変わる!

嗜好品は変わる!

昨日は、予定より1日早く日本へ帰国しました。

いつもの虹橋~羽田ではなく、浦東~成田で帰ったのですが、浦東空港へ行く途中の地下鉄との乗り継ぎ駅

の龍陽路のマックで昼食したのですが、店内の片隅に少し前にニュースで見た、マックがスターバックス等

のコーヒーショップに対抗して初めたMcCafeという新業態をを見てしまいました。(写真)

McCafeは、もう日本にもあると思うのですが、スタバとドトールを合わせた感じのカウンターですね。

10年前の上海では、コーヒーを飲みたくても、街中の真鍋珈琲か上島珈琲でしか飲めないし、サンドイッチ

よりコーヒーの方が、随分高かったような記憶があります。

当時は、ホテルの朝食も5ツ星でないとコーヒーはありませんした。

田舎のホテルは、豆乳か粉のホットオレンジジュースがあるだけだったのに、この10年で、田舎のホテルでも、

コーヒーは必ず出て来るようになりました。それに様々チェーン店のコーヒーショップとファーストフード

店が激増し、上海市内では日本より多い感じになりました。

10年前に殆ど飲まなかったコーヒーを、今では若者中心に飲まれるようになったのには驚きです。

サントリーの烏龍茶も、最初は冷たいお茶なんて絶対売れないと言われていたのが、今では、どこのコンビニ

でも販売されているメジャー商品になりました。ただ、日本と違い砂糖の入った甘いタイプも販売されてい

ますが…

おー偶然に今めざましテレビで、中国に進出している日本の外食チャーンの話題をやっています。

日本企業の戦略は、中国人の嗜好にも大きく影響すると思います。


Posted by 上海 MIKASA at 07:26│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。