2009年11月16日

中国お金持ち村の話!

中国お金持ち村の話!

昨日の朝に、日本のテレビをつけると、中国の金持ち村の話題を放送していました。

上海から、車で2時間弱の江蘇省にある華西村と言う所です。

私も、以前この付近を通って、ここが中国で一番金持ちの村ですと聞いていたのですが、あまり興味が無

かったので昨日のフジテレビの取材を見て驚きました。

呉仁宝氏 現在82歳らしいのですが、この人の強力なリーダーシップで、この村が成功したらしいのです。

ここから、記事を見付けました。

「華西村の成功は、50年以上も村党書記などとして村に君臨してきた呉仁宝氏(82)の指導力による所が大きい。

文化大革命の嵐が吹き荒れた1970年代、中国全土が政治運動に明け暮れる中、呉氏は村民を率いてひそかに

金属加工工場を創設した。改革・開放以降の80年代、全国の農村が相次いで町工場を始めたときには、

すでに販路、経験、資金面で大きくリードしていた。その後も工場建設や投資などの決断が次々と当たった。

「政治的リスクを冒して最初に工業を始めたことが今日の成功につながった」と呉氏は振り返る。

村は毛沢東時代の集団主義体制をいまだに維持している。村民の就職や生活はすべて村の管理下にあり、

貢献度に応じて利益が分配される。収入の8割は村への投資が義務づけられており、個人が使う場合は許可を

得なければ1元も引き出せない。花壇の花を勝手に摘めば罰金1万元、賭博をしたら罰金100万元など、独自の

厳しい規則がいくつもある。そのすべてが呉氏の独断によるものだ。」記事はここまで…

呉さんは、村全体を会社として取り纏めた優秀なワンマン社長さんですね。こういう所も日本とは、常識が

違うので、こんな憧れの村ができたのでしょう!

日本では、市町村で、こんな特別な街づくりは無理ですよね。街に入るのに高い入場料も払わなくては入れ

ないとテレビで言ってましたが、是非今度行ってみようと思います。

この村について、もっと知りたい方は、

http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/0910/15/news076.html ここのサイトをご覧下さい。

Posted by 上海 MIKASA at 03:05│Comments(4)
この記事へのコメント
確か私の記憶に間違いなければ、一度、刑務所に行っていませんか?
「どうして刑務所にいくは目になったかは分かりません。」
でもこの方は、刑務所の中に応接室とベッドと電話が有り。
また、出かけたい時は、電話一本で黒塗りの運転士つき車で迎えに来る方では無いでしょうか?
Posted by 本田隆士 at 2011年05月11日 02:43
本田様コメント有難う御座います。

昨晩この村をテレビで紹介してまいたね。
アクセス急増していて驚きました。
放映を私も観ましたが、結構大げさに面白くしている気がしました。
Posted by 上海 MIKASA上海 MIKASA at 2011年05月11日 07:19
はじめまして。
私もテレビでこの村の存在をはじめて知り、ここにたどり着きました。
テレビでは村への8割投資の話や罰金の話はなかったと思いますので、それを聞いてなるほど、だから小さい村なのにあれだけ繁栄してかつ収入が大きかったというわけですね。
しかしわからないのが、そうだとしても今もまだ村民のほとんどが収入一千万オーバーでいられるほどその工場が儲かっているのか、ほかにも同じような工場はいくらでもあるような気がします。
また、村単位での完全なる共産主義だとは思うのですが、これがほかの地域でも可能であるならば、それこそ世界中が村単位で会社経営をしていればお金に困る人が出ずに今よりも公平な社会になるような気がするのですがそんなことはないのでしょうか?
なんにせよ共産主義が通じるのは村単位が限界なのかもしれませんね。
Posted by 野間 at 2011年05月13日 05:09
野間様コメントありがとうございます。
この村の成功は、中国の国民性をうまく利用していると思います。
日本では、いろんな意味で絶対無理です。
すぐに贈収賄で捕まります。
しかも中国の人は運気を持っている人には、すぐに完全服従してついて行きます。
日本人のように疑い深くありません。
Posted by 上海 MIKASA上海 MIKASA at 2011年05月13日 08:00
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。