2009年11月01日

人気の凄さを実感!

人気の凄さを実感!


昨日のブログは、日本帰国後の午後3時にアップしたのですが、記事とタグに嵐の松本潤さんの事を書いた

からだと思うのですが、アクセスが急増して、ドリームゲートブログがいきなり4位までランクアップ!

改めて松本潤さんの人気の凄さを実感しました。

一昨日の撮影の時も、上海映画村(上海影視楽園)に、百人以上の中国人と、多分日本のファンの方も来て

いて、写真入りのうちわ等を持って、朝早くから、夜に追い帰らせられるまでの間じっと待っていたので、

あのファンの女の子達のパワーは凄いとその時も感じました。

一昨日の撮影は、クライマックスの青函連絡船の洞爺丸という船が、座礁して沈没するというシーンの撮影で、

スタジオ内はとても大掛かりなセット(写真)でした。

役者の方達とエキストラもずぶ濡れで頑張っていました。

私の出番は、松本潤さんと、長澤まさみさんが、船の2階から降りて来るところを、すれ違って、歩いて行くシーンと、

船が座礁して、傾いてるという設定で、船員さん役の大泉洋さんが、松本潤さんと長澤まさみさんを誘導して

船室を飛び出して来る前を、逃げ惑うシーンの撮影でした。

印象的だったのは、松本潤さんが、恋人役の長澤まさみさん「ゆかり」と大声で叫んだシーンですね。

生でも声がしっかり通ってました。

ですから主役の松本潤さんは、ほぼ一日缶詰め状態で、撮影時はスタジオで、それ以外は控え室の建物に

居たのですが、スタジオと控え室の間に内部扉があり、ずっとそこからの出入りで、外で待っていたファンの子達は、

殆ど見られないまま帰って行きました。というより、可哀想ですが、遅くなり警備と公安(警察)が来て追

い返されていました。

それに引き替え、ロケに来ていた松本潤さん目当ての女性エキストラの方は、トイレに行く途中に、控え室

があって、扉が常に開いていたので、くつろぐ松本潤さんを何度も見られたし、一緒に出演出来た人も多く

大喜びしていました。

実は、私も強いオーラの役者の方々を、間近で見られて興奮してしまい帰宅が遅かったのになかなか眠れませんでした。

昨日日本へ帰って、松本潤さんとのロケの事を、中一と高一の娘に自慢したのですが、最初の喰い付きは

良かったのですが、写真もサインも無いので、「な~んだ」で終了してしまいました。


松本潤さん効果によりアクセスが多くなったので、当社の宣伝をさせて頂きます。

当社は、靴下・ストッキングの会社です。

日本全国の生協の共同購入・店舗及びスーパーで、ご購入頂けます。

お急ぎの方は、下記ホームページからご購入下さい。
http://shop.kk-mikasa.co.jp

会社案内
日本 http://www.kk-mikasa.co.jp/
上海 http://www.meikasha.com/cn

Posted by 上海 MIKASA at 07:46│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。