2009年10月24日

深刻な人出不足!

深刻な人出不足!


昨日は、上海近郊で工場を経営する方達と話をする機会がありました。

最近は、民工さんの不足が深刻になっているみたいです。以下は記事・・・

「中国国家統計局浙江調査総隊の調査によると、最近、浙江省杭州や寧波、温州など中小企業が多いエリア

で人手不足が深刻化している。

今回は223の企業で調査が行われたが、第三四半期で人手不足に陥っている企業が全体の40.3%を占めた。

とくに、紡績・靴・機械など製造業で深刻で、一定の技術が必要な業種では、人手不足が50%を越えている

業種もある。

人手不足の原因について、企業サイドの分析では77.8%が熟練工の不足を挙げている。さらに、84.8%に

企業で、人手不足が業績に影響を与えていると答えている。

金融危機の影響で、これら地域での外来人口の流出が続き、さらに季節性の高い業種に対して労働力の不足

が顕著になっているようだ。」

との事なのですが、当社の下請け工場の50%以上は浙江省なので、この人手不足は深刻です。

熟練工さんが、少なくなるという事は、品質にも繋がるので、気を付けたいと思います。


Posted by 上海 MIKASA at 02:11│Comments(4)
この記事へのコメント
金融危機の影響もあり、安定した職に付きたい労働者が増えている。それに対し、季節性の高い業種、つまり臨時雇用を望む業種への就労志望が薄い。人手不足率50%と都市部失業率4.3%のように、矛盾が深化しつつある。
忙しいシーズンにしか人を雇わない企業が、熟練工を欲しがる考えそのものはおかしいでしょう。
安心させる就業環境を持ち、従業員を大事にしている企業・メーカーなら、熟練工たちは駆け込んで行きますね。
Posted by liu at 2009年10月26日 16:31
劉女士,好久不见!
劉さんの書いて頂いた事は、良く理解できるます。企業経営者にとって、従業員に対する環境整備と福利厚生等は大切だと思います。しかし中国の工場経営者は、中国の新労働法で、急激に経営が悪化している工場が多いのは事実です。さらに上海では今回7月に改正があり、上海人にだけ四金とか、五金を会社が負担なので、上海人の雇用を経営者が控えた為に、上海人の失業が増えたので、地方人にも契約更新時に四金を会社負担で、加入を強制しました。
工場は商品の値段が上げられないのに、労働者に対する条件を急激に改正した法律による歪みもあると思います。
工場の負担が多くて、余裕も無く給与を高く募集出来ないのです。
Posted by 株式会社三笠株式会社三笠 at 2009年10月26日 23:53
なるほど。日系の工場でも従業員の四金などを負担する必要がありますか?外資系なら優遇策を受けることが可能だと思いますが。
ある意味では外資系の工場は現地の住民によい就労機会を与えています。特に中小都市の場合、○○工場(日系)があるだけで、70%~90%の住民がそこに関連する仕事をしており、まさに○○市になっているようです。その面で外国から来てくださった投資家・企業たちに感謝します。
Posted by liu at 2009年10月27日 10:51
安い商品を中国工場に求める時代は終わり、我々日系独資での進出は、今後生産基地として、良い製品を安定供給できる工場のシステムを中国で確立して、工員にも良い環境で働いて頂き、熟練工さんにも自社商品を誇れるような愛社精神が出れば、中国は日本を越える商品造りが出来るようになると思います。
Posted by 株式会社三笠株式会社三笠 at 2009年10月27日 12:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。