2009年09月18日

中国で運転は大変!

中国で運転は大変!

義鳥にもう一泊と思っていたのですが、今日の11時にインターネットで見た日本のお客様が来社される事に

なり、昨夜急遽上海に戻りました。

帰りも私一人での運転だったのですが、中国で運転するのは日本で運転するよりかなり疲れます。

それは、運転マナーの悪さが原因なのですが、特に上海から離れて、地方都市へ行くと、信号無視・逆走は

車もバイクも人間も当たり前です。(バイクは上海でも当たり前)

高速道路では、追い越し車線をゆっくり走っている車や路肩を走行する車は当たり前で、道路の分岐では、

道に迷って突然走行車線で停止する車やら更には、道を間違えて走行車線をバックしてくる車が有ったり、

気が抜けません。

信じられないのですが、先日私が体験したのは、高速道路の追い越し車線をお婆さんが歩いていたのです。

それにもっと危険なのは、予告表示無しでいきなり工事という事も多くて本当に神経遣います。

夜になれば、田舎道ではライトは常に殆どの車が上向き状態なので、まぶしく目も疲労し疲れます。

電車が日本と同じように便利になれば、移動は電車を利用するのですが、上海から浙江省・江蘇省への移動

は現在の時点では、車でないととっても不便ですね。

2日間の出張で、NHKのBSも見られない状況だったので、昨晩はマンションに戻りゆっくりテレビ観賞

しました。(以前にも書きましたが、上海のマンションでは、ネット回線を利用して日本のテレビをリアル
タイムで見ることが出来ます。関東・関西の民放放送全局とBS全局・NHK・WOWOWまで見る事が出
来ます。)


今日の興味のあった記事は、「中国国家ラジオ映画テレビ総局は2010年1月1日から、テレビやラジオでの
商業広告に対する規制を強化する。未成年に悪影響を与える広告や、成語の意味を変えて使用することを
禁止するほか、広告の放送時間なども制限する。違反した場合は3万元以下の罰金を科す。施行後、1時間の
間に放送できる広告は計12分以下、またテレビドラマの間に挿入できる広告の長さは1本につき90秒以下とな
る。ゴールデンタイムにはさらに細かな規定が設けられる。このほか、朝、昼、夜の食事時間帯には医療関
係の広告の放送を禁止する。」

上海のテレビコマーシャルで、こんなの良いのかなと思っていたのが、薬のCMなのですが、具合が悪くて

今にも倒れそうな少年が、その薬を飲んだら直ぐに元気になってバスケットでシュートを決める!

という面白いCMがありました。

他にも結構誇大広告的なCMが多かったので、やはり規制が入るのですね。
Posted by 上海 MIKASA at 10:50│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。