2009年09月03日

中国のニセモノ文化

中国のニセモノ文化


今日は、午後一番から中国のイトーヨーカ堂(北京・成都)の2人バイヤーさんと商談でした。

当然バイヤーさんは、中国人の方なので、私は商談途中に価格等の問題が発生した時や納期と

素材等で質問があった時に返答するだけで、それ以外は上海スタッフに任せて座っているだけです。

早く自分も中国語で商談出来るようになりたいです。

多少の聞き取りはできるのですが、ビジネスレベルの中国語は喋れるようになれるのか?

無事に商談も終了して、近くの写真スタジオで当社パンフレット作成の為に、私の写真を撮りに行き、

丁寧に化粧と髪もセットして5カット撮影。更に最後はフォトショップで修正してDVDでデータを

貰えて全部で50元!(700円)私は安いと思ったのですが、でも当社の女性達に高いと言われました。


今日の話題は、上海近郊にイギリスの最大手スーパーでテスコ「楽購」というスーパーマーケットの

ニセモノが、多数出現しています。しかも店内のポスター・買物袋・従業員の制服とレシートまで

コピーしていて、更に驚くのは、店舗数がホンモノを上回っているのです。正規の「楽購」が

65店舗でニセモノは70店を超えたらしいのです。

ちなみに、当社社員もこのスーパーのどの店がホンモノでどの店がニセモノなのか分からないと

言っています。

中国では、以前にも全く同じようにスーパーマーケットのニセモノ事件があったらしいです。

時計やカバンの小物だけでなく、車や電車そして更には、スーパーマーケットのコピーまであると

言うのには、中国のスケールの大きさには驚きますね。
Posted by 上海 MIKASA at 03:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。