2009年08月13日

便利な銀聯カード



中国公司での収入は当然人民元での収入になります。人民元は以前まで、日本の銀行では、日本円に両替が出来無くて、大変不便な思いをしました。。中国の銀行でも日本円を人民元に両替した時の伝票が必要で、両替した金額以内で日本円に戻して貰っていました。
ですから、以前は人民元で給与を貰っても中国国内で使うしか方法が無かったのです。しかし、銀聯カードの出現で大きく変わりました!セブン銀行・三菱UFJ等のATMで、1日11万円の現金が出せるようになりましたし、各多くの百貨店や専門店で、中国人富裕族の方が、大高額な買物に銀聯カードを使用して購入されるようで、中国人富裕族獲得の為に使えるお店がどんどん増えて来たので嬉しい限りです。中国の銀行でキャッシュカードを作ると必ず銀聯カード機能が付いていて、デビットカードと同じように口座に残っている金額分の買物ができます。もう人民元で給与貰っても日本でも通常のキャッシュカードのように使えますよ!
考え方によっては、人民元は切上げになるし、銀行金利も高いので中国で貯蓄した方が賢いですかね。
10年以内に人民元も国際通貨になるでしょうね。
それまでに、儲けられるように頑張るぞ!!
Posted by 上海 MIKASA at 09:18│Comments(2)
この記事へのコメント
こんにちは、またコメントを書きに参りました。劉です。
前回のコメントに返事いただきありがとうございます。
「先生」と呼ばれましたが、中国語の「先生」の意味なら、説明不足ですみません、私は女性です。(#^.^#)

日本円口座で使える銀聯カードもあることはご存知ですね。残念なのは、日本での発行ライセンスが三井住友カード㈱に握られているようです。
また、この1,2年に「銀聯カード使用可」の看板をよく見かけるようになりました。中国人観光客の急増による効果でしょう。去年の粉ミルク事件で、観光ツアーよりもベビー用品購入ツアーになっています。

ところが、中国人観光客が急増することは日本製品が以前より簡単に入手できることも意味します。

日本でも入手にくい、中国の美咖莎さんからしか買えないものを期待しております。

まだまだ社会経験の少ない者ですが、一般の中国人消費者の意見として少しでもお役に立てたらうれしく思います。
Posted by 劉 at 2009年08月13日 16:20
大変失礼しました。劉女士
以前の中国語の老師が、男性の劉さんだったので・・・(^_^;)
ベビー用品買物ツアーですか!確かに一人っ子政策とほぼ共働きの影響で、中国人の子供に対するお金の使い方と愛情は日本以上ですね。香港のジャスコさんからもベビー商品を沢山紹介するように要請されています。なんか、ベビーをターゲットにした美咖莎オリジナル商品を検討してみたら売れるかも知れませんね。

ご意見大変嬉しいです。謝謝!
Posted by 株式会社三笠株式会社三笠 at 2009年08月13日 17:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。