2009年08月12日

ブランド戦略

ブランド戦略

中国の人達は、商品を購入する時に、日本人よりブランドを気にして購入します。日本の大手企業ですと、既に中国でも十分ブランドイメージが確立されていて商品に対する信頼もありますが、当社のように小さな会社は、まずブランドを立ち上げて宣伝して、レッグファッションなら日本の三笠と言う事を中国の消費者に印象付けるのが成功への鍵だと思います。

写真は、先週上海で行われていたギフトショーでの「日本館」日系企業の集中して出店したスペースです。
この展示会では、日系企業に関心が高く「日本館」に人気が集中していました。
「日本館」入るには、もう一度来場者登録が必要で、受付には浴衣姿の中国女性が3人で行っていて、日本イメージを出していました。受付を済ませて中へ入ると、中国企業に真似されないようにだと思うのですが、写真撮影一切禁止と書いた紙が各所に貼ってありました。

若い中国女性の日本商品に関する関心は高く、特にファッション系の中国企業は、TOKYOをブランド名に入れたり、パッケージに日本語(日本人が見るとおかしな表現)を使ったパッケージをわざわざ作って日本ブランドを装って販売している会社もあります。

当社も来年3月の上海万国博覧会前に行われる国際展示会に出店の為に、ブランド戦略立て宣伝用パンフレット作成を計画的にしたいと思っています。

今日からお盆なので日本に帰国します。
Posted by 上海 MIKASA at 00:58│Comments(2)
この記事へのコメント
中国の消費者はブランドよりも「日本製」に注目しています。日本製=高品質と考えられています。
ところが、某化粧品メーカーの某ブランドは中国発売商品の成分(効果)が日本国内と違うと、利用者(日本製と中国製の両方を使ったことがある)が多くいます。わざわざ日本に来て買う人も。
品質が悪いよりも中国消費者を馬鹿にしているとブランドイメージが悪化してしまい、より「中国製」日本ブランドに不信感を感じてしまいます。

中国現地法人を成功させる鍵はブランドイメージを守る・向上させることだと思います。比較的に安価な材料費・人件費でコストダウンを実現するとともに品質を保つことですね。
それにより、価格の面で現地の同業者に負けますが、高級品好みかつ品質志向の上海では、成功できるでしょう。
Posted by 劉 at 2009年08月12日 15:13
劉先生 你好!初次见面

リュウさん書き込み有難う御座います。私より日本語上手ですね。
確かに、価格の面では現地業者に勝てないですね。
品質面では、現在も日本向けと同じ基準で検品検針しています。
上海市場は確かに魅力的ですが、当社現在の所上海での販売は、花園ホテルで三越さんが行う催事で年に3~4回の催事のみです。三越ブランドで売れますよ!
市場開拓頑張ります。
Posted by 株式会社三笠株式会社三笠 at 2009年08月12日 18:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。