2018年08月21日

ホールガーメント編機

三笠奈良工場には、写真のホールガーメント横編機が2台設置されています。

ものづくり補助金を頂いて購入した編機なのですが、今迄に無かった編み方の靴下を生産する事が可能です。

靴下以外にも、腹巻やスパッツ等の無縫製商品を生産する事も出来るんです。

新商品のサンプル作成も終わり現状はこの編機がストップしているので、なにか面白い商品を生産したいと思います。



日本製靴下の販売が好調になってきたので、当社の奈良工場は毎日の様にフル稼働させています。

徒歩圏の5社の靴下工場にも応援して頂き生産を間に合せているのが現状です。

それでも間に合わない商品が発生すると、自社の工場にて急な立て替え(編機を違う靴下を編む為にデーターと糸を変更する)

を行い対応しているのですが、物凄く手間が掛かり大変なんです。

編機の台数を増やしたいのですが、スペース的に目一杯なので、現状は朝の8時~翌朝4時まで稼働させそれでも間に合わない

場合24時間稼働させて対応しています。

やはり日本製のクオリティの高い靴下を生産するには奈良の立地がベストだと実感しています。







同じカテゴリー(奈良)の記事
SPF-Wフル稼働!
SPF-Wフル稼働!(2018-09-21 20:10)

二上山の夕焼け!
二上山の夕焼け!(2018-05-30 22:37)

Posted by 上海 MIKASA at 16:27│Comments(0)奈良
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。