2018年08月01日

日本が中国の真似する

昨日、日本のテレビを見ていると、日本のIT系(キャッシュレスアプリ)の社長がインタビューで、友達との会費のやりとり

や良い意見を言った人にその場で小遣いを送る事が出来るなんて話していましたが、中国では既に当たり前の様に行わ

れています。

その日本のアプリは、一旦銀行口座からプリペイドカードの様に自分のアプリに現金を移す必要があるみたいですが、

中国の微信(We Chat)と支付宝のアプリは銀行口座直結なので、全く手間が掛かりません。

しかも中国人のスマホユーザーの殆どの人がダウンロードして利用しているアプリなので既にかなりの普及率なんです。

LINE PAYも最近宣伝していますが、微信(We Chat)の利便性とは比較になりません。

そのインタビューを聞いていて、とうとう日本が中国のビジネスモデルを真似をする時代になってしまったのだと思いました。

中国の事を、後進国とかマナーの悪い国だと思っている日本人の方も多いと思いますが、マナーは悪いけど後進国では

なくなったしあっという間に置いて行かれるという危機感をもった方が良いと思います。



昨日は、上海スタッフのおすすめの中国鍼のマッサージ店にアキレス腱炎の治療で行ったのですが、薄汚い小さなお店

でしたが、そんなお店でも今では支付宝を使っての支払いが可能です。

まあ個人の現金やりとりがスマホで出来るのだから当然できますよね。






同じカテゴリー(上海)の記事
上海交通カードWallet
上海交通カードWallet(2018-04-24 14:36)

Posted by 上海 MIKASA at 16:11│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。