2018年03月30日

中国シェアサイクル事業の終焉?

先月に上海へ来た時に感じた中国シェアサイクルビジネスの失速という記事を書きましたが、今回来て更に深刻な状況に

なっている様に感じました。

利用者が減っている!というのも自転車のメンテナンスが悪すぎて、壊れていたり汚い物が多すぎです。

昨年までは、新車をどんどん導入したり、需要の多い場所にどんどん移動して利便性を高める様な事を行っていましたが、

今では、資金的な余裕が無くなっているのか?かなり酷い状況になってきた気がします。

今回もMOBIKEとOFO両方利用はしましたが、グリップがベタベタだったり車輪の軸が曲がって走り難かったり、借りる時に

なるべくマシな自転車を選んだつもりでもこんな状況です。

当社の上海スタッフに聞いても、やはり同じ事を言っています。

この国は共同で使用する物は絶対に大切に扱わない民族なので、直に劣化したり勝手に宣伝物を貼り付けたりと想定外の

取り扱いも多くされるので、今になって色々問題が出て来たのではないでしょうか?

日本では、まだまだこれからのシェアサイクルビジネスですが、中国ではそろそろ終焉を迎えそうな感じです。

やはり中国の変化の速さにはまだまだ驚かされる事が多いです。



今は、上海の浦東空港です。

最近は、以前に比べると中国へ来る回数も、滞在日数もすっかり減って月に1度で、滞在が5日程度になっています。

もう少し本腰しを入れてやらなくてはいけないのですが、今は日本の自社工場の方を優先させて準備が整ったら再度

中国販売を強化したいと思っています。

それでは、4月まで再見!



同じカテゴリー(上海)の記事
Posted by 上海 MIKASA at 16:17│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。