2018年01月17日

財布を持たない中国人

2018年の上海滞在2日目です。

上海滞在中は、「全家」(ファミリーマート)を良く利用します。

レジでの支払いは、ほぼ9割以上がスマホでの決済!「支付宝」で行われています。

こんな記事が・・・「支付宝、8割がスマホで利用 財布を持たない市民が増加」


個人同士の決済も直ぐに可能なので、スマホがあれば財布は要らないという中国人が急増しています。

私は、「支付宝」「微信」も利用していますが、まだ不安なのでで財布はまだ持ち歩いています。

最近は面倒だった領収書もスマホのQRで瞬時に企業名と企業番号が入った物が発行されるシステムも!

日本が取り残されている感かなりあります。



上海事務所での交通費等の清算も経理スタッフから、「支付宝」「微信」で送ってくるし、交通違反の通知も

スマホに連絡がきます。

個人商店や飲食店の店員さんの発注も多くの店でスマホを利用しています。

田舎の個人商店でも、「支付宝」「微信」があれば、経費を掛ける事なくキャッシュレス決済が出来るので

中国ではかなり急速に普及しました。

いろいろ面倒な日本ではこんなスムーズにキャッシュレスの普及は無理でしょう。

最近話題に乏しいので、またこのネタを書いてしまいました。


同じカテゴリー(上海)の記事
上海交通カードWallet
上海交通カードWallet(2018-04-24 14:36)

Posted by 上海 MIKASA at 18:41│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。