2017年12月19日

アキラとあきら



ホノルルマラソンから戻りの日本航空機内エンターテーメントで、8時間半なにを見ようと悩んで、最初は映画を

見ていたのですが、あまり面白く無かったので、いろいろ検索していると向井理、斉藤工のW主演ドラマを発見し

しかも『下町ロケット』『半沢直樹』のベストセラー作家の池井戸潤さんの小説をWOWOWがドラマ化したという事で、

「アキラとあきら」というドラマを第一話から見ていたらすっかりハマってしまいました。

成田に到着時には、9話中のまだ第4話でしたので、どうしても続が見た〜い!

しかし、家に着いてからHulu・Dtvにも無い!色々とググって仕方なく中国サイトで発見して最終まで鑑賞しました。

「銀行は金の為に金を貸してはいけない」というセリフが良く使われていましたが、バブルの時はまさにこれでしたね。

今の中国はまだまだこれプラス「金の為に金を渡す」という感じですね。

もう少し向井理の演じる階堂彬の会社の再建をじっくりやって欲しかった〜という感じは残りますが、とても楽しめました。

是非おすすめなので見て下さい。



同じカテゴリー(横浜)の記事
Posted by 上海 MIKASA at 17:29│Comments(0)横浜
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。