2017年07月13日

上海日本料理店に変化

最近の上海滞在中は、殆ど日本料理店にしか行かないのですが、上海事務所周辺の日本料理店

へ日本人のお客さんの流れが変わってきている気がします。

ブログにも書きましたが、古羊路にあった多くの日本料理店やスナックは全て立ち退きし、昔に多くの

日本人で賑わっていた和平広場と落城広場があった場所にもショッピングモールと数軒の日本料理店

が新しく出来ましたが、以前の様な賑わいは有りません。

ただ、ここの事務所に近い金虹橋ショッピングモールの地下にあるJタウンには、昨年秋ごろから各種の

和食店が出店し始めて、プレオープン当初はお客さんはまばらでしたが、最近は結構混んでいる様に感

ています。

私には通勤途中の場所で、非常に便利ですからついつい寄って帰る様になりました。

ラーメン大勝軒や鰻屋さんもんじゃ焼き屋さん居酒屋さん魚料理屋さんとんかつ屋さん焼肉屋と和食の

ジャンルはほぼ揃っているので便利ですよ。

そんな中、以前に通っていた日本人経営の日本料理店が、いつのまにやら無くなっている事もあるので

なんだか寂しい気分なることもあります。

駐在の日本人が減っているのも原因なのでしょうか?



今日の写真は、ちょうど1年前にJタウンのテナント募集が出ていて撮影したものです。

まだまだ空きテナントは一杯ありそうですよ。

ただ家賃高いからここでの経営は大変だと思われます。



同じカテゴリー(上海)の記事
Posted by 上海 MIKASA at 16:52│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。