2017年04月18日

若手技術者を大募集!



三笠奈良工場では、今後の日本の靴下製造業を担う若者を募集致します。

円高と中国の安い生産コストに日本の靴下の生産は縮小の一途をたどって来ましたが、中国の急激な人件費

の高騰と円安そして人民元も切り上げになり、近年では中国で生産するメリットが激減しました。

そうした中で、安い商品に追われながらも良い製品を作り続けて来た日本製靴下は需要が増え国内回帰が進ん

でいます。

古くから中国へ進出していた当社は、いずれ靴下の生産も国内回帰する事を想定し5年前に日本一の靴下産地

奈良県に工場を新設致しました。

以前の編機は、取扱いが難しく熟練を要する技術を必要とされましたが、最近はPC入力による柄の変更や編み

形状の変更が自由自在に出来るようになり以前とは大きく変わってきています。

三笠奈良工場は、イタリア製のロナティ社と日本製の島精機製作所の最新機種を取り揃えた新しく綺麗な工場

です。

国内生産需要は増えてきたのですが、悲しい事に数年後の生産を引き継いでくれる若者が少ないのです。

是非、三笠奈良工場で、編み立て技術を身に付けてみませんか? 大歓迎致します。


同じカテゴリー(横浜)の記事
中国で外国人Bランク
中国で外国人Bランク(2018-11-15 16:00)

Posted by 上海 MIKASA at 15:38│Comments(0)横浜
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。