2017年02月28日

奈良工場の方針を決定



ずっと悩んでいた奈良工場の編機購入ですが、写真のロナティK式144本SbyS部分パイル編機を3台と

昨日のブログに載せた島精機製作所のSPF-Wの13Gを3台の合計6台を新規で購入する事に決定しま

した。

これにより、ロナティ144本は8台になり、永田精機のK172と合わせるとK式144本の日産数量はかなり

高くなります。

横編機もホールガーメント編機に加えて、3台の5本指靴下専用機を購入する事により、導入した時点から

フル稼働で生産させる事が可能になります。

奈良工場の稼働率も上げる事が期待出来るし生産する商品のバリエーションも増えます。

私としては、ダブルシリンダー丸編機を購入したい気持ちは今でもありますが、工場の意見と営業の意見を

汲んで決定しました。

編機が納入されるまでに、大掛かりな準備も必要なので早めに終わらせたいと思います。






同じカテゴリー(奈良)の記事
SPF-Wフル稼働!
SPF-Wフル稼働!(2018-09-21 20:10)

Posted by 上海 MIKASA at 16:46│Comments(0)奈良
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。