2016年09月15日

つま先の自動縫製検証



写真は、イタリアのロナティ社製K式編機で、先月納入されセッティングと調整が完了し間も無く本格稼働予定です。

この編機には、SbyS(自動リンキング装置)が付いています。

リンキング?つま先自動縫製?と書いても分かり難いので、本日私が動画を撮ってYouTubeにアップ致しました。

この作業は今迄かなりの熟練と手間の掛かる作業でしたが、靴下を編みながら、その横の装置で簡単に縫ってし

うのでビックリです。

下の動画は、編みあがった靴下を隣の装置へ移動して、一旦裏返しつま先部分をふさいで、綺麗に縫い合わせた

後に表に戻してから履ける状態になって出て来るのが分かると思います。

この装置は、以前かなりトラブルが多く使い物にならないと悪評でしたが、かなり改良され快調に作動しています。

今迄は、編みあがった靴下を裏返す作業その後にロッソというつま先部分を合わせて縫う作業そして、また表に戻す

作業が必要でしたが、その3つの作業が省略出来る様になりました。

↓↓是非これをご覧ください。↓↓






同じカテゴリー(奈良)の記事
SPF-Wフル稼働!
SPF-Wフル稼働!(2018-09-21 20:10)

Posted by 上海 MIKASA at 20:27│Comments(0)奈良
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。