2016年08月18日

徐々に進化する工場!



今日は、月度の打ち合わせで奈良工場に来ています。

写真は工場の中央から撮影した物ですが、真新しい編機がずらりと並んでいます。

昨日の私のFacebookで書きましたが、イタリアのロナティ社製の最新K式編機5台が入荷し設置され

ました。

5年前に工場を立ち上げた時は、古くて取扱いが難しくても編機だから価値があると教えられ、そんな古い

編機を買い揃え工場をスタートさせたのですが、中々編機が順調に動かない!分かる人には分かる

良い靴下は編めて理想的なのかもしれないのですが、実際に始めてみると効率が悪く、数年先を見据

えて考えた時に、部品供給の問題や技術者の不足で継続が難しくなると考え、最新の編機への入れ替

えを進めてきました。

日本の編機に拘り、永田精機さんの当時最新だったK172を買い足して切替えていたのですが、なんと

2年前に日本の唯一の丸編機メーカー永田精機さんが突然編機事業から撤退を発表してしまい丸編機

日本製メーカーは無くなってしまい選択肢は、中国・韓国・台湾製の編機か業界断トツトップのロナティ社

製しか無かったので、迷わずロナティ社の編機への切り替えを決意し5台購入しました。

今から思うと、永田精機さんの突然の丸編機事業撤退は、ロナティ社の編機に対して技術と開発の資金

で勝てないとの判断だったのだと思います。

下の写真は、ほぼ同じアングルから撮影した5年前の奈良工場ですが、どう見てもこちらが古く見えますね。



三笠奈良工場は、この5年で編機を徐々に新しく扱い易い物に入れ替えて徐々に進化し続けて参りました。

今後は、最新のテクノロジーを駆使した編機で、新しく今迄に無い靴下を開発して行きたいと思います。

進化する三笠奈良工場にご期待下さい。

奈良産靴下のOEM・ODMをお考えの方は、是非三笠へお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合せはフリーダイヤル 0120-709240もしくは、こちらのお問合せフォームまで→ここをクリック!







同じカテゴリー(奈良)の記事
SPF-Wフル稼働!
SPF-Wフル稼働!(2018-09-21 20:10)

Posted by 上海 MIKASA at 21:05│Comments(0)奈良
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。