2016年07月05日

恐るべし中国交通警察

恐るべし中国交通警察

今日は、早朝から上海公司の車で浙江省の海寧市と嘉興市の工場へ行って来ました。

無事に工場との商談と見学も終わり上海へ戻る高速道路を快調に走って上海エリアに入る高速の料金所で

ETCの音がピッと鳴ってゲートが開くと警察官からの停止命令!料金所近くに有る交通警察へ行かせれま

した。

制限速度は守ってたしなんで?と思いながら中に入ると、同じ様に停止させられたドライバーが大勢なに

やら手続きをさせられていました。

順番が来て、車検証と免許証を見せるとPC画面で違反した時の画像を見せてくれました。(写真)

でも、確かに上海事務所のオデッセイですが、運転しているのは知らない人!違反の日時は5月10日と表示

されていました。

200元の罰金を現金はダメで、仕方なくその場でカード決済して払い込み完了させました。

そう言えば、結婚式に使いたいと知り合いの印刷屋さんに貸していたのを思い出し微信(LINE)で画像を

送り、振り込んだ200元を微信の紅包というシステムで送信して貰い返金も直ぐに完了しました。

中国の電子警察の取り締まりは凄い!と感じたのとその後の返金も日本と違い簡単に口座へ戻って来たのにも

関心してしまいました。

日本にはこんなシステムが導入されない事を祈ります。



同じカテゴリー(上海)の記事
日中友好パーティ!
日中友好パーティ!(2019-03-06 18:59)

Posted by 上海 MIKASA at 18:45│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。