2016年05月17日

永田精機撤退から約1年

永田精機撤退から約1年

永田精機さん突然の編機事業撤退から早いもので約1年が過ぎました。

日本製の靴下用丸編機はもう新品では購入出来ません。

写真の編機は、永田精機さんのタンク式のダブルシリンダーリンクスジャガード機です。

今は、コンピューターで制御している部分を、チェーンやドラムの山でコントロールするマニアックな編機!三笠奈良工場に

も5台有ったのですが、取り扱う技術者の方を確保出来なくなり現在は残念ながらお蔵入りなっています。

車の様にそのうちに価値が出てプレミア価格になったりはしないのでしょうね。

とりあえず、三笠奈良工場の編機は、今年度中に一部の価値の有る編機を残しコンピューター制御の最新の機種へ入れ替

えを完了する予定です。

靴下のOEM・ODMをお考えの方は、是非三笠へお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合せはフリーダイヤル 0120-709240もしくは、こちらのお問合せフォームまで →ここをクリック!







同じカテゴリー(移動日)の記事
ITMA視察から無事帰国
ITMA視察から無事帰国(2019-06-24 17:53)

ギフトショー2019開催
ギフトショー2019開催(2019-02-12 08:08)

2019年健康博覧会出展
2019年健康博覧会出展(2019-01-08 16:49)

Posted by 上海 MIKASA at 11:12│Comments(0)移動日
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。