2016年05月06日

温泉地に中国人は不要!

先日、サーチナの記事に『日本の温泉に行った中国人観光客がガッカリ・・・』というのが有りましたが、確かに現状では中国人に

受け入れられる様な工夫をすれば、一時的には集客に繋がり良いのかもしれませんが、本来ののんびりとした温泉の良さが無くなって

しまい、そうなると今度は日本人が温泉離れになってしまうので、日本の温泉地はこのままで良いのでは?と思いました。

最近大阪のホテルに泊まると、中国人が増えすぎホテルの価格は高騰しているし、朝のバイキングの混雑や食べ残しの多さや騒がしさで

以前に比べて大変迷惑を被っています。

中国人に対する更なるビザの緩和等で、暫くは訪日客が多い状態が続くかもしれませんが、そろそろ日中関係に何か問題が起こりそうな

タイミングなので、パッタリと来なくなる可能性も有るので、インバウンドの需要に頼り過ぎるのはリスクが大きいのではないでしょうか?



今日の写真は、シルクの思いやりシリーズ商品のイメージです。

この様な素材を重視した商品もできれば、つま先部分をリンキングに変更できれば履き心地も更に向上させられて良いと考えています。

日本製5本指靴下のOEM・ODMをお考えの方は、是非三笠へお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合せはフリーダイヤル 0120-709240もしくは、こちらのお問合せフォームまで→ここをクリック!






同じカテゴリー(横浜)の記事
中国で外国人Bランク
中国で外国人Bランク(2018-11-15 16:00)

Posted by 上海 MIKASA at 11:07│Comments(0)横浜
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。