2015年11月11日

今日は靴下の日です。

本日11 月11 日は「くつしたの日」です。

靴下は左右ペアとなってその役割を担うことが、まるで男性と女性が一組となって家庭をつくるさまのような

事から、日本靴下協会では靴下を記念するペアーズデイとして、11 月11 日を「くつしたの日」と致しました。

1年でたった1 度、ペアとペアが重なるペアーズデイ、11 月11 日には大切な人に靴下を贈ってみてはいかが

でしょうか。

Argyle 靴下の模様といえば、ダイヤの形を組み合わせたかわいい柄が、よく見受けられる。

これをアーガイル模様と呼ぶ。これには、ちょっとした伝説が隠されている。

かつてスコットランドにあったアーガイル城。その王女が恋人への贈り物に、ぜひともオリジナルな柄を届け

たいと思った。

何十日も苦心したあげく、スコットランドのタータン(チェック模様)を基本に編みだしたのが、アーガイル

模様だった。

これを編むには、針の頭を移したり、まわしたり、減らしたり、増やしたり‥‥しなければならず、愛がなけ

れば編みあげられない。

また、とてもオリジナリティーの高い模様のため、類似品や物真似が出ることもなかった。

かくて、今もダイヤ柄とも呼ばれて親しまれている。

ダイヤの数は5つが一番安定性があり人気もあるが、3つのもある。

そういえば、昔、アーガイル柄のくつしたを履くと、赤色のダイヤのところだけヒフがただれるという話もあった。

その原因は、濃い色を染めると糸がかたくなるため、柔軟剤を使用したことによる。くつしたの赤色についた柔軟

剤の水洗が十分でなかったために、ヒフに害を与えることになった。むろん、今はそんなことはない。

愛があるなら、アーガイル。愛する人に、気持ちをこめて。

今日は靴下の日です。

株式会社三笠は日本靴下協会の会員で、三笠奈良工場は奈良県靴下工業組合の組合員です。

今日発行のく繊研新聞「くつしたの日特集」で広告も掲載させて頂いて居りますので是非ご覧ください。



同じカテゴリー(上海)の記事
Posted by 上海 MIKASA at 14:50│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。