2015年07月01日

お風呂文化を世界へ

昨日は、上海の極楽湯館長の田村さんによる「お風呂文化を世界へ」と言うタイトルのセミナーでした。

中国における極楽湯さんの軌跡をたどり中国で成功する秘訣を学びました。

細かい内容は書きませんが、やはり一番大切なのは中国事情に合わせたスタッフに対する教育と待遇です。

サービス業なので、人が働かない時に忙しいのでその時にどうやって頑張って貰うか?ですが…

これは、正月は田舎に帰ってのんびり過ごしたいという気持ちが日本より凄く強いので大変だったのでは

ないかなと思いました。

その次は中国人の好みに合わせた店舗開発で、人気の無い所が有ればそのまま放置せずに費用を掛けても直

ぐに改装し修正する事だそうです。

館内の施設を説明を受けながら廻しましたが、VIPルームやカラオケルーム等は日本の極楽湯とは全く違う感

じがしました。

驚いたのは、現在のお客様は中国人が90%日本人が5%それ以外の国が5%と言う事でした。

それだけ日本の風呂文化が中国人に受け入れられたのですね。

今回のセミナーは、1人に1台ipadが用意されていて、親機と同期させる事で画面が説明者に合わせて自動で

変わるというシステムを使用していたので、とても説明が分かり易く良かったと思います。

興味のある方は、 http://www.gokurakuyu.cn/ のホームページをご覧ください。

お風呂文化を世界へ












同じカテゴリー(上海)の記事
Posted by 上海 MIKASA at 15:20│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。