2015年06月09日

奈良産靴下は58.6%

先日靴下組合から平成26年度版の靴下統計資料を頂きました。

靴下の国内向け供給に対して輸入が87.2%日本製が12.8%その内の58.6%が奈良県産という結果でした。

輸入靴下全体の86.7%が中国製商品で、まだまだ日本国内で流通している靴下は中国製が多いですね。

輸入靴下117,330万足に対して輸出靴下は263万足と0.22%しかないんです。

日本製靴下の海外需要はこんなに少ないなんて驚きです。

円安なので、輸出をもっと増やす今がチャンス‼ 業界全体で団結し輸出を増やす方法が必ず有ると思うのですが・・・



写真は、新商品の歩行サポートソックスです。

ウォーキングを快適にのコンセプトで開発し、特殊な編み方とゴム糸の入れ方により、つま先を持ち上げ転びにくくして

歩行をサポートしてくれます。

ベーシックなボーダー柄のデザインに、つま先部分に奇抜なカラーを入れてスポーティな靴下に仕上がり ました。

ウォーキングソックスのOEM生産をお考え方も是非三笠へお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合せはフリーダイヤル 0120-709240もしくは、こちらのお問合せフォームまでhttp://www.kk-mikasa.co.jp/page07.html



同じカテゴリー(横浜)の記事
中国で外国人Bランク
中国で外国人Bランク(2018-11-15 16:00)

Posted by 上海 MIKASA at 10:42│Comments(0)横浜
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。