2013年11月12日

絹5本指靴下が人気!



今朝のフジテレビ「とくダネ」でも紹介されていましたが、靴下の重ね履きがとても人気!

3足・4足を重ね履きするのですが、一番肝心なのは最初に履く絹の5本指靴下です。

絹の糸は大きく分けて3種類あり

生糸

一般に言う絹糸の事で、蚕の繭をほどいて繰り取ったままの糸。

フィブロインをセリシンが覆っている。 通常は生糸のまま織り、その後精錬(練り)でセリシンが

除去され絹織物になる。合繊で言う生糸(なまいと)とはちがう。

絹紡糸(けんぼうし)

生糸(きいと)を取り終わった後の残り繭などを用い、これらをつむいだ糸。

最高級の生糸とは違い、繊維の長さが短くなりますが、シルクの短繊維の中では絹紡糸が最上質。

なめらかな質感と光沢のある上品な見た目、履いた時の足にぴったりと吸いつくようなフィット性が

特徴です。

絹紬糸

絹紡糸を取り終わった後の糸を用い、これらをつむいだ糸。絹紡糸よりもさらに繊維の長さが短く

なりますが、絹の良い特徴はそのままに、絹紡糸とは違いざっくりとした質感とふんわりとソフト

なやさしい肌触りが特徴です。

この3種類ですが、5本指靴下には日本製では主に絹紡糸で中国製では絹紬糸を使う事が多いです。

絹5本指靴下のOEMは是非三笠へお気軽にお問合わせ下さい。

お問合せはフリーダイヤル 0120-709240もしくは、こちらのお問合せフォームまでhttp://www.kk-mikasa.co.jp/page07.html




昨日は、朝の10キロジョギングをしてから普段通りに本社へ出勤し11時のバスで羽田空港へ北京時間

の15:45に虹橋空港へ到着して直ぐに上海郊外の検品工場で商品加工方法の指示と指導をして後で、

上海市内に戻り21時頃に日本と上海スタッフに合流し深夜まで食事しながらの打ち合わせというハード

スケジュールで、さすがに今朝はジョギング出来ませんでした。




同じカテゴリー(上海)の記事
中国国際輸入博覧会
中国国際輸入博覧会(2018-11-09 10:38)

上海ITMA亚洲展览会へ
上海ITMA亚洲展览会へ(2018-10-18 18:44)

Posted by 上海 MIKASA at 14:33│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。