2013年10月02日

キャパ減少の厚地靴下



今日の写真は当社奈良工場で、昨年から生産し好評の厚地かかとケア靴下です。

この商品は、日本の永田精機さんの古い機械で生産しているのですが、96本12ゲージ 3 4/3インチ

なので太い糸も使う事が出来るのでローゲージのざっくりとした厚手の靴下を編む事が出来ます。

今回新しい機械に入れ替える時に96本の購入も検討したのですが、12ゲージはなく24ゲージのみとの

事で購入を断念。

同じ96本でも、24ゲージではオプションにラージフックを付けてもこんなに厚手のざっくりした感じは出ない

みたいです。

永田精機さんでは、今後96本12ゲージはもう生産しないとの事なので、古い機械ですが大事に使いたいと

思います。

厚手靴下の生産をお考えの方は、是非お気軽に三笠へお問い合わせ下さい。

お問合せはフリーダイヤル 0120-709240もしくは、こちらのお問合せフォームまでhttp://www.kk-mikasa.co.jp/page07.html




消費税8%決まりましたね。

靴下の場合3足・4足・5足1,000円もしくは980円で販売されている事が多く、売価が1,000円を超えると

売れなくなってしまいます。

新規商品なら良いのですが、毎年売れている継続商品の売価設定が問題です。

値上がりする分の3%で1,030円や1,010円にする訳にはいかないのでどうすれば良いのでしょうか?

もう来季の生産は始まっているので、現状の原価は変えられないどころか、来年4月からは糸代や後工程

の料金支払いも3%値上げになってしまう!

以前表現方法で問題にはなりましたが、IYさんが行った消費税5%還元セールのように飛躍的に販売が伸

びる方法を考え出せれば問題解決出来るのでしょうね。






同じカテゴリー(横浜)の記事
中国で外国人Bランク
中国で外国人Bランク(2018-11-15 16:00)

Posted by 上海 MIKASA at 13:37│Comments(0)横浜
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。