2013年09月04日

輸入はこんなトラブルも



写真は、当社物流センターから私への報告で、中国より入荷した商品の入数が不足していたという内容です。

年に何度かあるのですが、この写真のように段ボールにキズや穴がある箱は商品をどこかで抜き取られている

事が多く重点的にチェックします。

当社物流に入荷する商品はアウトカートンの中にインナーカートンで二重に封印されているのですが、今回のは

両方とも剥がされて中身を抜かれていました。

おそらく最終の中国検品工場で段ボールを封印した後で、中国の保税倉庫で抜き取られているみたいなのですが・・・

今回の不足数は3ピースだけですが、これも輸入する時のリスクなのです。

中国から靴下を輸入する場合は是非三笠にお気軽にご相談下さい。

品質や生産・納期管理を上海スタッフが責任を持って行っています。(上海スタッフは日本語でも対応)

フリーダイヤル 0120-709240もしくは、こちらのお問合せフォームまでhttp://www.kk-mikasa.co.jp/page07.html





昨日は、上海スタッフと夕食をしてほろ酔い気分でマンションへ帰ると・・・マンションドアの鍵カードをかざしてピッと

反応はしているのに開かない‼何度やってもピッとなり青く光るのにダメ

仕方なく物件管理事務所へ行って警備員に来てもらいましたが、ダメだったので鍵の救急車のような業者に来て貰う

事になり、40~50分で到着し約30分格闘のすえようやく扉が開きました。

確認の為に警備員が私の部屋の中に入りドアを閉めると、中からも開かない状態になり警備員は部屋から出られな

くて大騒ぎになり再び鍵屋さんが開けることに・・・今度はなんとか10分程度で開きました。

結局昨晩は鍵を直せないので、警備員は明日鍵を直すまでこのままドアを開けて寝て下さい。

私がちゃんと警備しますからという対応になりましたが、私のマンションは通常のホテルなので人通りも多く落ち着い

て眠れない夜になってしまいました。

時間も掛かって疲れましたが、中国生活の面白い体験がまた一つ増えました。




同じカテゴリー(上海)の記事
中国国際輸入博覧会
中国国際輸入博覧会(2018-11-09 10:38)

上海ITMA亚洲展览会へ
上海ITMA亚洲展览会へ(2018-10-18 18:44)

Posted by 上海 MIKASA at 12:44│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。