2013年02月07日

上海検品工場にお褒めの言葉

上海検品工場にお褒めの言葉

写真は上海市の郊外(南匯)にある当社がお願いして中国パートナーと6年前に始めた検品工場です。

設立当初から毎年数回点検に来て頂いているお客様から先月末お越し頂いた時に有難いお褒めの言葉

を頂きました。

当社の横浜物流センターから定期的に女性スタッフを派遣して手順を教えたり、上海スタッフも工員

さんに対しての意識調査や教育を行って来た結果、自主的に検品を始める前の手順や注意点を相談す

るようになってくれました。

上海南匯の地元採用も多いし、検品工場の社長が工員さんと相談し雇用条件の改善も行って来たので

他の検品工場と比べて工員さんの定職率が非常に高く、私も顔見知りの開設時から働いてくれている

工員さんも何名も在籍しています。

ですから、旧正月時も長期に休む工員さんもいないし、正月明けに工員さんが戻らなくなるという

心配もありません。

商品出荷のピーク時にも耐えられるように人員を確保しなくてはならないので、以前は当社の検品が

殆どでしたが、当社の商品を優先を条件に私が公認で他社の検品をどんどん行うように指示し、常に

仕事がある状態になったので、工場の効率もかなり良くなりました。

なにより今回お褒め頂いたお客様に定期的に点検や指導そして他の検品工場の良い点を教えて頂いた

結果だと思います。

お陰様で、この検品工場は当社の中国生産靴下をお客様に安心安全にお届け出来る財産になりました。




日本では考えられないのですが、会社の実印がゴムが劣化して認識出来なくなり銀行取引が出来なく

なり印鑑の再申請となってしまいました。

取引銀行全てへ私のパスポートを持って手続きに行かなくてはなりません。

中国では結構あると言うのですが…


同じカテゴリー(上海)の記事
Posted by 上海 MIKASA at 12:55│Comments(0)上海
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。