2019年04月24日

編機の調整は大変!

三笠奈良工場に今年から導入したイタリアロナティ社の最新ダブルシリンダー編機です。

以前のダブルシリンダーのリンクスジャガード編機で出来なかった編み方も可能になっています。

とは言え、シングルシリンダー編機にに比べメカ的にも調整もかなり大変!技術者が何度も何度も調整をして編地をチェックして微妙な不具合を修正します。

使用する糸や形状によって編機がスムーズに稼働するまでに何度も調整を繰り返して製品化するんです。

今日も、まだ調整中の為に、この動画を撮影中に編機は何度も途中停止してしまいましたが、4回目くらいでやっと一連の流れを撮影できました。

簡単に令和ソックス早く作ってとは言いましたが、動画を撮影しながら技術者と話をきいていると苦労が伝わってきます。

あまり大変だと認識するとお願い出来なくなるので撮影後は直ぐに工場の外へ出ました。



  
Posted by 上海 MIKASA at 17:01Comments(0)奈良