2017年12月04日

中国人に人気牡蠣生食

中国では絶対にやらないカキの生食を日本で体験・・・すっかり虜になってしまった=中国メディアとの報道

確かに、先日当社の上海スタッフが、日本研修の時に一番喜んだのがオイスターバーでした。

牡蠣の好き嫌いはあるとはいえ好きな人にはやはり生食で、色々な種類の牡蠣を安心して食べられる事が良かった

みたいです。

私は、以前に中国の新鮮な海鮮が食べられる街の大連で2回牡蠣にあたってしまった経験があります。

中国では、新鮮と言っても信用して食べると大変な目にあう事が多いので、中国人はあまり生を食べません。

卵も新しいと書いてあっても絶対に生は食べないです。

日本のオイスターバーは中国人を相手にビジネスチャンス有りだと思います。



2018年3月14日・15日・16日の3日間 東京ビッグサイトで行なわれる健康長寿産業展へ出展を決定しました。

1月31日から行なわれる健康博覧会と合わせて当社奈良工場にて製造する新商品を紹介させて頂きますので、是非

ご来場をお持ちして居ります。

  

Posted by 上海 MIKASA at 16:26Comments(0)横浜