2013年07月23日

タトゥーストッキングの価格



写真は、相変わらず人気の高いタトゥーストッキングで色々なデザインでの生産が可能です。

最近OEMのお問合せを頂く事も多いのですが、為替の関係と原料・人件費高騰で昨年同時期よりお見積り

をさせて頂く価格が2~3割高くなってしまいました。

この状況は他社様でも同じなので、昨年まで他社様で依頼されていたお客様も、値上げに耐えられず新規に

当社へお問合せ頂くケースは大変増えています。

状況は厳しいので、他社様より必ず値段を下げられるとは言い切れませんが、生産管理とデリバリーに関して

は三笠上海スタッフが責任を持って対応させて頂きます。

ですからタトゥーストッキングのOEM生産は是非三笠へ・・・

お問合せはフリーダイヤル 0120-709240もしくは、こちらのお問合せフォームまでhttp://www.kk-mikasa.co.jp/page07.html




今日から約2週間ぶりに上海へ行って来ます。

情報によると、上海は酷暑のようで最高気温39℃の予報で最低気温でも29℃で日本一の気温を越えている!

しかも予報では今後3日間となっています。

明日より3日間は日本からお客様も来られる予定なので、熱中症対策に車に飲料を準備しなくては・・・

もう一つ気になるのは、日本ではあまり報道されませんでしたが、20日に北京首都国際空港で爆発事故が

起きたらしく中国国内の空港のセキュリティレベルが上げられているみたいです。

以下は昨日のニュースです。

「上海虹橋空港では出発ロビーに繋がる外部からの扉が閉められ、従来の3分の1の扉からしか入場できないよう
になっており、各箇所には保安員が立ち、警戒にあたっていたとのこと。
また搭乗客に向けたセキュリティチェックも強化され、爆発物検査装置も追加されることになり、搭乗客は必ず靴を
脱ぎ、ベルトを外してのチェックが求められる状況になり1人当たり2~3分の時間かっている。
このため空港ではセキュリテイゲートを増やし対応にあたっているが、やはり搭乗までに多くの時間がかかるように
なっており、空港ではこれまでより30分早く空港に到着するよう利用客によびかけているとのこと。
また事故の起きた北京首都空港や同様のセキュリティレベルの引き上げが行われており、これらの空港を利用され
る予定の方は、2時間前までには空港に着くよう各空港で注意を呼び掛けている。」

では上海出張に行って来ます。






  

Posted by 上海 MIKASA at 10:53Comments(0)移動日