2012年02月17日

春節後の人材確保



春節が明け、多くの企業が上海駅などで到着したばかりの出稼ぎ労働者をスカウトする光景が、

今年も見られているようです。

政府による就職支援活動「春風行動」も全国各地で始まっており、上海市も閘北、静安、宝山の

3区主催による就職説明会を上海駅で開催したらしいのです。

計65社が4000以上の職種を登録し各企業は春節後の人材確保に懸命です。

こんな状況がここ数年段々エスカレートしているので、農民工さんの給与も高騰する訳ですね。

靴下工場の工員さん給与も同様で、2005年ぐらいの時は1ヶ月700~800元程度だった給与が

最近では、2500~3500元で寮と食事支給です。


一昨日の工場点検の時に靴下の仕上げ工程で、どう見ても小学生の男女を発見!工場側に注意

すると身分証は間違い無く18歳を確認しましたとの回答でした。

貧しい地域からは、人手不足なので身分証を偽造しているという疑問があっても雇用してしまうの

だと思いました。  

Posted by 上海 MIKASA at 01:38Comments(2)