2012年02月10日

中国人が世界を救う!?



中国人が海外で大量消費 = 57億ドルで年末年始の記録更新という見出しの記事が

中国人の昨年クリスマスから今年の春節にかけての海外消費金額が、57億USドルと

史上最高を記録した。

中国貿易促進会と世界奢侈品協会が明らかにしたデータで、ある海外メディアは“中国人だけが

世界経済を救える存在”
とも評している。

英国の新聞「Daily Mail」は、中国人旅行客の英国内における消費金額を前年比64%増の1.65億

ポンドと報告。高級百貨店のハロッズが銀联カード対応レジを数十台設置した事例も紹介した。

日本においても、中国人旅行者は消費の担い手として期待される存在だ。「日本新華僑報」は、

春節期間に日本の百貨店売り上げが通常比1割以上も増加と報道。各種小売業者による、中国人

に的を絞ったセールなども伝えた。

カナダのバンクーバーでは、「Canadian Chinese Newspaper」が伝えた温州出身者“温州商人”

による不動産投資が注目を集めた。同地の不動産会社には春節期間、中国人からの問い合わせ

電話が殺到。旅行を兼ねて現地に足を運んだ中国人客が、5000万人民元相当の住宅を「お買い得。

上海なら1億元はする内容」と語ったことも話題となっている。

写真の銀聯カードは日本でも利用できるメジャーなカードになりました。

やはり外貨を稼いでいる中国人が海外でお金を使ってくれないと、世界経済は回復しないので

しょうね。


  

Posted by 上海 MIKASA at 11:38Comments(0)上海