2012年02月08日

冷え症に5本指靴下



5本指靴下は指が自由に動かせます。足の指を動かすと筋肉が刺激され末梢の血液循環が

良くなるということです。

指1本1本をくまなく保温できる面でも5本指靴下は冷え対策に効果的で、指と指の間の汗も

靴下が吸収・放出してくれます。

足ムレ対策を考えると吸湿性・放湿性のあるシルクがよいでしょう。

靴下の重ね履きも冷えとりには良いそうです。

靴下の履き方は、一番下にシルクか綿の5本指靴下をはき、次にシルクならば綿、綿ならば

シルクの靴下をはき、絹と綿が交互になるように、4~5枚重ねて履くのだそうです。

できるだけ足を締め付けないような靴下を選び、ゴムがきつい時は抜くなど工夫します。

靴下は寝るときもそのまま履きます。

シルクは吸湿性・放湿性に優れているというほかにも、体の余分な老廃物を排出する力が強い

ということです。

シルクの上に他の天然繊維を重ねることで、体から出た余分な老廃物を外へ外へ運ぶのだと

いうこと。

足の裏は余分な老廃物や毒素が多く出やすい場所なので、冷えとりはここから重点的に取り除く

という理論だそうです。

冷え性に悩む人は是非お試し下さい。


本日から18日まで上海公司へ行って来ます。

生産工場の点検や検品工場の認定して頂く検査に立ち会う予定。  

Posted by 上海 MIKASA at 09:37Comments(0)移動日