2012年01月30日

靴下の片足販売検討



ネットの問い合わせで、こんな意見が・・・

私は何故かよく靴下の左側だけ穴or擦り切れしてしまいます。
で、右側だけの比較的きれいな、靴下だけが残ります。
「なんか、もったいない・・・」
とゆうわけで、靴下の片側だけ販売って無理ですかね?
(ネットで見てもほとんど無い・・・。介護用の靴の片足販売はありますが・・・)
ちなみに、5本指靴下愛好者です。

こんな内容でした。

今日のYahoo経済トピックスにこんな見出しを発見!

「片足だけの靴売る会社に学ぶ」 偶然なのか?

香川の弱小靴メーカーを救った「先義後理の精神」

企業は、利益をあげることを最優先にせず、社会のためになるという動機で、事業を興すべき。

四国の小さな企業の事例を基に、ビジネスが真に大切にすべき精神を説く。

■なぜ片足だけの靴が顧客の信頼を掴むのか?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120130-00000001-president-bus_all

検討する価値ありですね。

現在定番で販売中の5本指靴下に限っては、当社の楽天ショップで片足販売のみ行うとか・・・

パッケージに片足補充ページのQRコードを入れれば親切かな?

配送コスト高いから難しいでしょうかね。


  

Posted by 上海 MIKASA at 22:58Comments(2)横浜

2012年01月29日

いざ鎌倉!!



中井貴一さんと小泉今日子さんのW主演のドラマ「最後から二番目の恋」に影響されていざ鎌倉!!

実は20代前半に鎌倉市役所のすぐ裏に居候で約1年ちょっと住んでました。

このドラマ毎回鎌倉市役所と極楽寺駅が出て来る事と、中井貴一さんが鎌倉市役所観光課課長で

50歳という設定なので、今年50歳の私と一緒!

朝から録画していた「最後から二番目の恋」第3話を見ていて午後からつい懐かしくなり鎌倉へドライブ。

近いので自宅からは日曜なのに30分で到着、まずお腹が空いていたので小町通りにある知り合いの店

「とんかつ小町」へ行ったのですが混雑していたのでパス。そうだ以前から一度行ってみたかったお店へ

(下の写真)マザーズオブ鎌倉で葉山牛ランチ!目の前で焼いてくれるのにリーズナブルで美味しいお店

です。(お皿のデザインが大仏なのが鎌倉らしい)




ランチの後は、初詣に鶴岡八幡宮へ行き段葛を通り30年前の鎌倉との変化を感じる事が出来ました。



このプールは、市役所前のスターバックスのテラスにあるプールです。

ここは、以前漫画家のプール付き豪邸で庭をそのままに改装しています。(テラス席はペット可)

店内も良い感じで、庭を見ながらのんびり出来、しかも駐車場割引が1,200円サービスになるのです。

情緒はあるし、お洒落なお店も多くなり鎌倉散策はお勧めです。  

Posted by 上海 MIKASA at 23:00Comments(2)日本の休日

2012年01月27日

96本リンクス編機



写真は、この春発売する「ナチュラルリンクスソックス3色組」で当社奈良工場にて製造しています。

この商品は針数も96本と少なく、ざっくりとした風合いの仕上がりになっています。

このWシリンダーの96本リンクス機を保有している工場は少なく、更には製造技術的にも難しい商品

なのです。

当社の奈良工場には、Wシリンダー機械2名・シングルシリンダー機械2名の熟練のスタッフが4名在籍

機械の改造や修理そして柄変更にも直ぐに対応してくれます。

靴下のOEM生産は是非当へお問合せ下さい。フリーダイヤル0120-709240 ナオクツシタです。

学校指定のソックス・ハイソックス製造のお問合せも是非当社へ!


昨日は、新横浜にある以前私が担当していたお取引先様へスタッフに同行し商談しました。

20年以上担当していたので、昔懐かしい方々から受付・待合室・休憩室でも声を掛けて頂きこのお取引先

で営業を頑張っていた自分を思い出しました。

ただ、声を掛けて頂く時の第一声は「相変わらず太ってるね~」「太った?」「老けたね~」こんな言葉なので

次回までに減量とメンズエステに励みたいと思います。  

Posted by 上海 MIKASA at 11:24Comments(0)横浜

2012年01月26日

靴下生産の効率化



写真は奈良工場に3台設置され稼働している編機メーカー永田精機のK172という最新型編機

なのですが、柄と寸法変更が簡単でしかも編みも早い!通常の婦人ソックスで片足約3分です。

お陰様で奈良工場の受注が多く、近くにある数件の工場にも生産応援をお願いしている状態に

なっているので更なる機械の補充する事になりました。

この最新K172編機が2月に2台4月に2台の合計4台補充されます。

編み立て後のつま先縫いや仕上げ・加工に付いても効率を上げるように努力しています。

奈良工場での機械ごとの生産状況を本社でも確認出来るようになり、今後は各工程にある商品毎

の数量をリアルタイムチェック出来るようにして生産受注頂いた商品をなるべく短期間で生産出来る

当社独自の工夫して行きたいと思います。
  

Posted by 上海 MIKASA at 11:55Comments(2)横浜

2012年01月25日

頑張る上海タクシー



昨日の旧正月元日の帰国でしたので、朝タクシーがあまりいないのでは?

そう思って外へ出るといきなり写真の万博タクシー(社内広め)の運転手がマンション前で

笑顔で迎えてくれました。

私が「近い虹橋空港ですよ」と言っても「没关系」(気にしないで)とドアを開けてくれた

のでビックリ!!

上海のタクシー運転手さんは毎日1日当たり定額の380人民元と燃料費に相当する210元を

納めてそれ以上稼げば運転手の手取りとなる仕組みなので必死に働くのです。

約17時間働くので1時間当たりのコストは34.5人民元だ。

次の客を乗せるまでの平均空車走行時間は7分間。もしワンメーターの客を乗せれば、実車

走行時間が10分で、料金が10人民元。合計17分間で10人民元の収入しかないという計算になる。

しかし、17分間のコストは9.8人民元だから効率が悪いのです。

だからいかに長距離のお客さんをつかむかが収入の鍵で、走りり回る事はなく客待ちの場所と

時刻をわきまえて、客を選択する事がポイントになります。

だから、旧正月中に日本へ帰国する日本人のマンションを狙っているのでしょうね。

しかも、通常の上海タクシー運転手さんのサービスには満足出来ない日本人のハートを掴む

おもてなしの対応だったので、旧正月に頭を使って稼ぎを考えて頑張って働いている運転手さん

に感動でした。

一昔前のお客さんにおつりを無愛想に放り投げていた時代から急速に変わっているのを感じました。  

Posted by 上海 MIKASA at 01:24Comments(0)横浜

2012年01月23日

2012年 新年快楽



上海へ来るようになって12年そしてマンションを借りて5年というのに、初めて上海でお正月を迎えました。

22日帰国のチケットが駐在員の帰国者が早めに手配しているので満席だったという理由なのですが・・・

仕方がなく昨日は、年末の上海を徒歩で観光!地下鉄で南京西路→人民広場→南京東路→外灘→豫園

→淮海路→新天地そして地下鉄で水城路というコースでした。

大晦日の街は閑散としていて、営業している店が少ないのに驚きました。

夜暗くなってからは、町内対抗の花火大会が始まり午後11時45分頃から午前12時15分位まではもの凄い

勢いで打ち上がっていてなんとも賑やかというかうるさい一日でした。

花火の火の粉の半分が建物に当たっても関係無し!これじゃCCTVビルも火事になるな~

上海市内中に煙が充満し窓を開けると火薬臭い状態でした。

しかし日本とは全く違う雰囲気のお正月なので、とても良い体験が出来ました。


ただいま上海虹橋空港でこれから帰国します。  

Posted by 上海 MIKASA at 09:17Comments(0)移動日

2012年01月21日

実在する乞食村



昨日は、年末の上海南京路へ行きました。

華やかな年の瀬の飾り付けや電飾の街、中国一の経済都市上海の一番繁華街ボーナスも支給

されて正月準備をする人達で賑わっています。

そんな中気になるのは寒い中街角にいる子供の乞食でした。

残念ながら減らないどころか増えている気がします。

今日のタイトル「実在する乞食村」という記事を紹介します。

中国で誘拐される児童は年間数千人に上るといわれている。そして実存する乞食村、安徽省のある
貧しい村では村の幹部まで関わって乞食を生業としている実態がマスコミで報道されている。
安徽省阜陽市太和県宮小村およびその周辺部では長年に渡り村人たちが物乞いを生業としている。
そこで誘拐してきた児童も乞食の子に仕立てられ物乞いの道具にされているという。
乞食村の誕生は十数年前、ある障害を持った村人が物乞いをしていたが稼ぎがいいため、他の村人
たちもその障害者をまねて乞食を始めた。しかし健常者では稼げない、そこで子供を使って乞食親子
になりすましより人々の同情を買うようなやり方になった。貧しい人が物乞いを生業とすることは
100年前からあったが、この地域では1993年から乞食親子にするための児童を積極的に探し始めた
。始めは近隣地域で障害があったり発達が遅れていて家で厄介者扱いされている子供をもらってきては、
赤の他人とセットにして乞食親子に仕立て、全国各地で物乞いをさせていた。
乞食に仕立てられた子を”郷”、その子を雇う者を”郷主”、その子を連れて乞食親子として物乞いしに行
くことを”帯郷”と呼ぶ。
 乞食親子はある地域である程度仕事をし、昼間は子供だけに物乞いをさせ郷主は陰で見張っている。
昼間の郷の稼ぎは郷主が手にする。郷の稼ぎが悪ければ食事をさせない、殴る、時には毒物を注射する
こともあるという。
郷にされる子供は近隣の障害児だけでは足りなくなる、いつの間にか出所不明の子供が預けられたり、
どこからか連れてきたりするようになってきた。物乞いの時により同情されて稼げるように、健康な子供は
障害児にされる。手足を切り落とされたり、毒を打ち続けて脳を壊されたり、顔に硫酸をかけてひどい火傷
を負わせたりする。
親から離されて連れてこられた郷は郷主と半月から1ヶ月一緒に暮らし、物乞いの訓練をする。郷主に絶対
服従させるため毒を打ち、暴力で支配し訓練が終わるころには郷は郷主の言うままになるという。
郷主同士は強い結束で結ばれ秘密を保持し、外部の人間に自分たちのしていることがばれないようにしてきた。
郷主と郷の乞食親子は冬は南へ、夏は北へと移動して物乞い稼業を続ける。
組織的な帯郷の歴史も20年近くなり、最近はかつて郷として乞食児童にさせられた者が大人になり、今度は
自分が郷主となって郷を使っているという。
またこの組織犯罪は村の幹部(役人)も関わっていると言われるが、取材すると「以前はあったかもしれないが
今はそういうことはない」と全面否定しているという。
乞食村はここだけではなく他にも貧しい地域に存在するようだ。
そして誘拐される子供の多くがこのような乞食村
に売られ虐待されて乞食の子に仕立てられるという。虐待の過程で心に深い傷を負い、精神に異常をきたしてし
まうので乞食親子として街に出るころには自分の名前すら言えなくなってしまうのだ。そして今日もどこかの街で
物乞いをさせられている。

何度もこのブログで書きましたが、可哀想に思いお金を与えると更に可哀想な子供達を増やす事になります。

皆さんそれを考えましょう!
  
タグ :中国乞食村

Posted by 上海 MIKASA at 18:22Comments(0)上海

2012年01月20日

中国農民工悲劇と試練



世界の工場である中国を底辺で支えているのが農民工さん達です。

彼らの1年で一番の楽しみは、旧正月に帰省して家族と一緒に過ごす事なのです。

その帰省切符を買う為に、例年発売日前に休みを取り徹夜で指定券を購入していたのですが、

今年から指定券購入がネットでも購入出来るようになり、徹夜で行列していた農民工さん達が

立ち席しか購入出来なかったという悲劇が多く発生しているらしく、中国Twitterの微博で「可哀想」

と言う書き込みが多くあり話題になったらしいのです。

若い農民工さんは良いのですが、40歳以上の人はパソコンなんて触った事も無いという人も大勢

いるのでネット販売されても購入出来る訳が無いのです。

1年間一生懸命働いて、抱えきれない位のお土産を持って帰るのに10時間以上立ち席で帰省する

という試練を与えられた中高年の農民工さんが多いので、とても気の毒でなりません。

中国の急速な発展による悲劇と格差による試練なのでしょうか?


今日の話題は、上海スタッフから昼食時に聞いた内容を記事にしました。

  

Posted by 上海 MIKASA at 11:51Comments(0)上海

2012年01月19日

中国高齢化にチャンス!



写真のグラフのように2005年に65歳以上の人口が1億人を超えた中国!

既に日本全体の人口超え2040年には3億1720万人に達すると予想されています。

日本人以上に高齢者に優しく親を大切にする中国人ですから絶対にビジネスチャンスだと思います。

ただ社会保険や厚生年金が無いに近い人が多く、だから医療費の個人負担も多く高いし子供が親を

支えなくてはならないので問題も多いのです。

上海の高齢者がどんな靴下を履いているのか?また販売されているのかを調べているのですが、

東京の巣鴨のような場所は上海には無いですね~




  

Posted by 上海 MIKASA at 12:57Comments(0)その他

2012年01月18日

中国から撤退せよ?!



「米製造業は5年で中国から撤退せよ」という見出しの記事が!

圧倒的な人件費の安さと豊富な労働力で世界中の製造業を引きつけてきた中国。

その強みが急速に薄れてきている状況を受けて、米ボストン・コンサルティング・グループ(BCC)は

2011年8月、米産業界に衝撃的な提言を行った。

少なくとも北米市場向けの製品について、5年以内に中国より米国で製造した方が有利になると予言

昨日の記事のように、米国の製造業は軽工業を中心にどんどん撤退が始まっているようです。

日本の場合は、生産をバングラ・インドネシア・ベトナム等へシフトしている企業もありますが、中国は

近いのとインフラ面でまだまだ優位ですし、日本基準に合う品質の技術指導も長年行ってやっと安定

してきたので生産基地としては今後も重要な国だと思います。



いつもの東方航空羽田便で上海虹橋へ・・・機内に入ると「甘利様あけましておねでとう御座います。

お久しぶりですね。」と顔お馴染みのCAさんが声を掛けてくれました。

暫く会っていないのに名前も覚えていてくれて嬉しいですね。

とても愛想が良く綺麗なCAさんです。

今日から旧正月まで上海にいます。  

Posted by 上海 MIKASA at 22:36Comments(4)移動日

2012年01月17日

世界の工場が終わる!



昨日に発行された日経ビジネスさんで「世界の工場」が終わる。中国が迎える大転換という見出し!

とても興味深い記事でした。

その中で特に気になった記事の部分「かつて広東省は、安い労働力を使って靴下や玩具を製造する軽工業の

生産地だったが、人件費が高騰してこの発展モデルが行き詰まっている。」

理由は、商品価格の高騰で以前には大量に発注をしていたウォールマート・Kマートの注文が無くなり廃墟の

ような工場が多数存在するようになってしまったという記事でした。

要するに軽工業品を安価で製造していた中国はもうすぐ終わるのです。

中国の政策による収入倍増計画は進みインフレも進んでいる中国の現状なのですが、世界の工場である中国

は今後どうなって行くのでしょうか?

中国を後進国だと見下している日本人の方は危機感を持った方が良いと思います。

胡錦濤さんの後任時期国家主席になる習近平さんで中国は政策を大きく転換するかも知れません。

昨年死亡説も出ていた上海閥の江沢民さんの弟子である習近平のリーダーシップはただ者ではありません。

政府の政策に素直に従わなくては怖いと思う中国人なので転換も早いです。

円高でも頑張っている日本のハイテク産業をシェアを中国が奪ってしまうかも知れませんね。

日本は自由に首相や政府を批判出来るけど近年は何も成長していないので心配です。


  

Posted by 上海 MIKASA at 10:48Comments(0)その他

2012年01月15日

福嶋晃子結婚披露宴



今日は、プロゴルファー福嶋晃子さんの結婚披露宴に出席させて頂きました。

グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールで午後12時30分からの開宴で司会進行は

あの徳光和夫さんで主賓の挨拶はNECの遠藤 信博社長からスタート!

王貞治さんや第一線で活躍中の女子プロゴルファーの方々の挨拶はあるしマグロの解体ショー

もありとても楽しい結婚式でした。

感動的だったのは、さだまさしさん楽しいトークと生の弾き語りで、「関白宣言」とそして最後に

あの名曲「秋桜」・・・ジーンとしたところでご両親への花束贈呈またまたジーンとなり終了でした。

出口で2次会の案内を頂き恵比寿ガーデンプレイス隣りにある「デュオ ドーモ」http://www.duodomo.com

で行われここにも参加させて頂きました。

新郎の北山秀典さん自らプロ並みのドラムを演奏するバンドで数曲演奏し最後にバブルガムブラザーズ

「WON'T BE LONG」を聞かせてくれて、皆から「カッコイイ!」と声援が上がってました。

豪華賞品のビンゴゲームと宝くじ争奪ジャンケンは全くダメでしたが、披露宴も2次会も本当に良くとても

楽しく一日を過ごさせて頂きつい先程帰宅しました。

お二人の末永いお幸せをお祈りします。
  

Posted by 上海 MIKASA at 23:43Comments(0)日本の休日

2012年01月14日

iphone4sの発売日!



昨日、中国でのiphone4s発売日は日本の常識では考えられない面白いニュースがあったみたい

です。

北京では・・・
北京市内のアップルストア三里頓店では前日夜間から集まっていたダフ屋同士の度重なる衝突
などにより、当日朝7時にアップル社が急遽発売を中止する事態になったと通信産業網などが伝
えている。
この販売中止によりファンからは怒号が飛び、さらに腹を立てたダフ屋たちが、店の窓ガラスに卵
を投げつける騒ぎが起き、あたりは一時騒然となったとしている。
またもう一つの北京市内の直営店である大悦城店では、予定通り発売が行われたが、こちらは
販売開始から1時間あまりで売り切れとなった。
この店ではおよそ2000台余りが販売された模様だが、行列に並んだにも関わらず買えなかった
ファンが、アップル社が故意に販売しないのではないかと当局に調査依頼を行ない、実際当局が
立ち入り検査を行う場面も見られたという。
またアップル社のオンラインショップサイトや、iPhone4sの独占キャリアとなっている中国聯通の
公式サイトでもアクセスが繋がり難い状態が続いたが、結局2時間余りで予定台数が売り切れた
としている。
そしてこの格好の“品不足”の状態にダフ屋が黙っているはずもなく、店舗の前で輸入品や買い
求めたばかりと思われるiPhone4sを転売する者が早速現われ、正規品の公式価格に700元ほど
上乗せした価格でファンたちに販売しようとする姿があったという。
ただし、この品物が偽物である可能性もあり、iPhone4sに憑りつかれた人々の狂想曲が13日の
金曜日という曰く付きの1日を騒がした結果となっている。

上海では・・・
13日の朝7時からに合わせて江蘇省啓東市から500人もの大団体ツアーが、昨夜上海市内の
アップルストアに到着したと東方早報網が伝えている。
12日20時頃、アップルストア香港広場店の前に突然500人ものオレンジ色の帽子をかぶった中高年
の団体が現れた。
彼らはiPhone4sを買い求めるために雇われたいわゆる「黄牛(ダフ屋・並び屋)」たちで、昨夜夕方
18時に啓東市から11台もの大型バスに分乗し開通したばかりの崇啓大橋を超えて上海までやって
きたのだという。
団体メンバーのほとんどは中高年の男女で、このメンバーの話によると彼らは啓東市にある某携帯
電話販売会社から一人150元で雇われたとのこと。
今回彼らは翌朝の発売時間までこの場所で行列して待ち、店から販売整理券をもらたったらすぐこの
携帯販売会社の社長に渡すことになっているという。
 彼らはこの店の前で、囲いも無く警備員もいない中、完全防寒の服装姿で朝7時の発売開始まで
約11時間の間ひたすらiPhone4sの発売開始を待つとのこと。
 店舗前には彼らの他にも、iPhone4sを求めるアップルフォロワーたちがいたが、その中にはやはり
この団体同様に、他人から頼まれて並んでいる並び屋が混じっており、今回インターネット上の情報
交換掲示板では一人120~150元で並び屋を募集する広告がいくつか見られたという。

北京と上海のこの出来事は、大体予想が出来るなんとも中国らしいニュースでした。

  

Posted by 上海 MIKASA at 12:08Comments(0)その他

2012年01月13日

上海三越でバーゲン!



本日13日~15日まで、上海市(淮海路×茂名南路)の花園飯店(ホテルオークラ)の2F催事場にて

上海三越さんの年末バーゲンに参加致します。

今回私は行けませんが、当社スタッフ3名で対応させて頂き、日本製・中国製レッグ関連の冬物商品

春物商品を各種取り揃えてお待ち致しております。

上海在住の日本人の方は、是非お誘い合わせの上お越し下さい。


昨日は、奈良工場スタッフの個別面接や80cm以上の長い商品を仕上げ出来るセット工場のキャパが

不足しているので、知人に紹介して頂いたセット工場を訪問し応援して頂けるようになりました。

これで、生産が急がれている商品の加工がスムーズに出来るようになると思います。  

Posted by 上海 MIKASA at 09:29Comments(0)その他

2012年01月12日

明日発売iphone4S



中国他21カ国では、明日13日から「iphone4s」が発売になります。

中国本土では大変話題にになっているようなのでが、携帯電話は日本以上に若者のステイタス

なのです。

多分販売価格は5,000元(6万円)前後になると思うのですが、ホワイトカラーの初任給が2000元

程度なのに皆結構買うのです。

当社上海公司でも現状5人中4人がiphon4で1名はipot touchなのですよ。(月給より高いのに!)

上海地下鉄乗ってもiphon4の保有率は非常に高く感じます。

2011年の中国電信の携帯販売台数は6000万台以上やはり日本とは市場規模が桁違いですね。

中国は今ボーナスシーズン旧正月前のボーナス時期なのでかなり売れるのではないでしょうか?

靴下を5,000元(6万円)売るのは大変なのに・・・

今日の写真は私の中国iphone4なのですが、左上を見て下さい。なんとNTT DOCOMO表示!

ローミングをNTTに選択出来るのです。


昨日は、当社ストッキングのOEM生産をお願いしている会社に新年の挨拶へ行きました。

このストッキングメーカーの社長は、生足ブームでストッキング業界が不況になると直ぐにストッキング

事業は縮小させ、本社と工場だった場所に老人施設を設立して大成功!現在はそちらの理事長に

なられてストッキング部門は社長を奥様の名義にされています。

久しぶりにその理事長とお会い出来、色々な話をする事ができました。  

Posted by 上海 MIKASA at 10:25Comments(2)奈良

2012年01月11日

おもしろアニマル靴下



2012年新商品の「おもしろアニマル靴下」です。

カラフルなデザインと可愛らしいキャラクターで足元を目立たせます!

価格もとてもリーズナブルなので是非お勧めの商品です。


昨日は、お年始回りも終わり急遽本社でもミーティングをしてお取引先様のから伺った当社への

ご意見や要望を報告し今後の進め方などを話し合いました。

夜の新幹線で移動し今日から奈良工場です。

終電で尺土(しゃくど)駅から約徒歩10分のアパートへの道のり・・・

特急が止まる駅なのにちょっと離れると静かで真っ暗!ちょっと怖い感じで足早にアパートへ駆け

込みました。  

Posted by 上海 MIKASA at 08:51Comments(0)奈良

2012年01月10日

Best Pertner2月号



浜銀総合研究所が発行するBest Pertner2月号に当社が6ページの特集で紹介されました。

「挑戦する独創企業」というタイトルで、デザインが良く高品質な靴下で顧客満足度No1メーカーを

目指す株式会社三笠の甘利茂伸社長で紹介されています。

横浜銀行さんとお取引きがある方は是非ご覧になって下さい。


昨日は、現在留学中の(現在冬休みで帰国中)長男の成人式でした。

成人式へ出掛ける前に自宅前で写真撮影したのですが、176㎝の私の身長と同じ位になっていて

成長した息子に改めて感心させられました。

振り返ればあっという間の20年!

今年で私も50歳だ・・・でもあと20年は頑張るぞ!  

Posted by 上海 MIKASA at 11:42Comments(0)横浜

2012年01月07日

夏でも売れる靴下



靴下は、商品の特性上やはり夏は着用しない方が多いので、毎年6月~9月の売上げが課題に

なります。

靴下を履くと暑いけど、素足に靴を履くのは気持ち悪いし、衛生的にも良く無いと思う方も多い筈!

当社は今季から、従来使用していた涼感素材を変更し世界有数 の繊維加工化学品会社TANATEX社

が製造する天然成分のキシリトールをマイクロカプセル化した薬剤TASTEX COOL-EXを肌着会社・寝具

会社と共同で大量に購入し使用して繊維に吸着させる加工を施しました。

キシリトールは汗等の水分と反応して吸熱作用が働く珍しい特徴を 持ってます。

キシリトールガムが良く認知されていると思いますが、これは唾液と反応して口の中の温度を下げる事で

爽快感を感じるのです。

TASTEX COOL-EXを繊維に付着させて肌に直接触すると体感温度で1℃~2℃程度温度を下げれます。

(化学繊維検査協会で実証データー有り)

今日の写真は、キシリトール素材を使用し今年の春夏用に開発した女児用のソックスの企画です。

まもなく2012年新商品で婦人用・子供用・5本指靴下をシリーズで発売する予定なので、是非お試しで

購入してみて下さい。


昨日は、日帰りで神戸・大阪・京都のお取引先様へのご挨拶でした。

当社の奈良工場で生産する商品へのご要望や参考になるアイディアをお話を頂けました。

反映できるように努力したいと思います。  

Posted by 上海 MIKASA at 08:32Comments(0)移動日

2012年01月06日

二人だけの新年会


昨日は、東京・横浜方面のお取引先様へ挨拶周りへ行った後にアイジェットの久米原社長と

二人だけの新年会を行ないビジネスについて熱く語ってしまい地元上大岡の焼鳥屋さん一軒

だけで4時間!二人で夢を語っていました。

今日は関西方面へ向かっています。
  
タグ :新年会2012

Posted by 上海 MIKASA at 12:03Comments(0)横浜

2012年01月05日

2012年仕事始め



株式会社三笠は本日より平常営業とさせて頂きます。

今日の写真は、先程自宅の窓からくっきり見えていた富士山です。

とても気持ちの良い天気での2012年のスタートになりました。

昨年より稼働した奈良工場で生産する新規商品と中国で生産するプロパー及び新規商品で

お取引先様のニーズに合った商品を開発提供して行きたいと思います。



  

Posted by 上海 MIKASA at 09:30Comments(0)横浜