2011年09月11日

北京ビジネス成功例!



北京に出張しているなら是非行ってみて下さいと、このブログで知り合った李さんにメールを頂き

北京海底捞火锅(紫竹桥店)へビジネスモデル成功例を勉強しに行って来ました。

店員さんの殆んどが教育レベルの低い農民工さんらしいのですが、そんな農民工さんを教育して

成功したビジネスモデルらしいのです。

ネットでこの会社を調べたら上海にも数店舗あり、中国全土で57店舗展開している会社。

1階にある店の入口を入ると店員さんが笑顔で「何人ですか?」と聞いてエレベーターに案内してくれました。

店内に入っても店員さん全員がいきいき働いて愛想も良い!中国の店舗でこんなに教育が出来ている

所は初めでした。

私達が何を注文しようか迷っていると、親切にアドバイスしてくれて無事に注文終了。

注文したら直ぐに料理が来て食事を開始・・・

食事中も細かい気配りと鍋の火の加減やアク取りまで素早くやってきてくれます。

トイレに行ってもトイレ専門の店員さんがいて、手を洗った後にとびっきりの笑顔でペーパーを渡して

くれました。

お客さんの為に全員が一生懸命になっている中国企業は初めて体験させて頂きました。

四川火鍋ですが辛さの調節してくれてとても食べ易かったです。

多分300名以上収容できる広い店内なのてすが、夜9時頃に行ったにも関わらず店内は多くのお客さん

で混みあって繁盛していたので、中国人もおもてなしを求めているのだと感じました。

いや~農民工さんをここまでやる気にしているなんて素晴らしい経営者なのでしょうね。

最後に料金は高いのかな?と思ったら結構飲んで食べて1人1,200円程度だったので驚きました。

今度は上海の店舗にも行ってみたいと思います。  

Posted by 上海 MIKASA at 01:39Comments(2)中国国内出張