2010年10月19日

中国は話題すり替えてる?



毎日中国国内での反日デモの話題が取り上げられていますが、中国の巧妙な情報操作のように思えます。

ネットでノーベル平和賞の件について騒がれないように話題をすり替えて、沈静化に向かっていた尖閣問題を

再燃する事を目的に日本で行われた中国に対するデモの様子をテレビで放送し効果的に反日感情を高めている

ように思います。

日本政府・日本人・日本のマスコミも中国政府の思惑通りに進んで、そして中国国民の反日感情はヒートアップ!

ただ流石中国と思うのは、万博が終盤を迎えているここ上海は、全く平穏で万博も満員御礼!ホテルも価格が

高騰していてもなかなか予約が取れない状態です。(今週日本から出張の社員も大変でした。)

中国政府に対する効果的な対抗策は、ネットでノーベル平和賞を受賞した劉さんの話題をどんどん盛り上げれば、

国民の怒りの矛先は中国政府になり反日デモは収まると思います。

(すいません。私が感じている事をつぶやきました。)


昨日は上海公司のオデッセイが、朝出掛けようとするとパンク!

前日なんか空気が抜けていると思って気になっていましたが、案の定もう走行不能な状態でしたので、仕方なく

マンションの駐車場でスペアタイヤに交換し、修理に行くと2カ所に太めの金属が刺さっていたので驚きました。

路上に色々な物が散乱している事が多いので、パンクも多いみたいです。

私がパンク修理中に後から2件来ていたので、今後タイヤの空気圧チェックを頻繁にしないと不安ですね。

パンク修理のついでに洗車と手掛けワックスもして2,500円程度の出費で済みました。
  

Posted by 上海 MIKASA at 03:42Comments(2)上海