2010年06月26日

上海に日本人高校



昨日も、上海松江区へ行き工場物件を数件見学しましたが、完全に独立した敷地に

建坪1,500平米以下という希望するような物件は、残念ながら小さ過ぎてありませんでした。

まだまだ今後も根気良く探したいと思います。

万博人気の影響もあるのか?最近上海駐在の方々と話をすると、最近日本人が急増している

話題になります。新天地・田子坊・豫園・外灘等の観光地も日本人だらけです。

日本の地方都市より人口の日本人が多い上海で、やはり学校の問題があります。

↓↓以下は記事です。↓↓

中国・上海に海外の日本人学校として初めての高校が、来年4月に開校する見通しであることが
23日分かった。日系企業が多く進出する上海の長期滞在邦人は世界最多の約4万8000人
(2009年10月)に上るが、高校受験を機に家族だけ帰国するケースがほとんどで、
教育環境充実を求める声が上がっていた。

開校を予定するのは「上海日本人学校高等部」で、現在世界51カ国・地域にある88の日本人学校
で初の高等部となる。 

同高等部は当面、小中学部がある日本人学校の施設を利用。初年度は1年生70人の募集を見込む。
運営は小中学部と同様、日本企業が会員の上海商工クラブ学校運営委員会が担当。今後、地元当局の
設立認可や、日本の高卒資格が得られるよう文部科学省への申請手続きに着手する。

芝浦工業、明治、同志社など日本の有名私大とも提携交渉中で、付属高校からの教員派遣や帰国時の
編入、大学推薦枠の提供などを実現したい考えだ。(了)

更に日本人が増えますね。

  

Posted by 上海 MIKASA at 08:12Comments(0)上海